スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピッチには背番号3がよく似合う

【マリノスvsガンバ大阪】

前節、勇蔵がやらかしてしまっているので(今年すでに赤紙3人目?!)
なにがなんでも出て貰わなくてはならない人がおりました。

背番号3 松 田 直 樹

この日を多くの人が待ち望んでいたのは言うまでもありません。
マリノスにはDFの看板選手は沢山います。それは誇りです。
でも「3」がいないのはどこかさみしく、どこか物足りないのです。

平日夜の試合はいつもは少し寂しい感じです。でも今日は違います。
14000人弱のほぼ満員。ゴール裏の気合いもバクスタのノリも違います。
…まぁ、そんな日に限ってウチらはメインスタンドでオシムさんやら
記者さんやらベンチ外選手らと一緒に観戦です。
座り慣れない席ゆえに、いつもの調子で毒付いていたウチらは
かなり浮いた存在ではありましたけど。

タクシーの運ちゃんもなかなか気の利いた人で、入場前には席に着き
スタンバイもOKな状況で落ち着いて見られました。
そして…
背番号3が見えたときは本当にホッとさせられましたし、気合いが
空回りしないように祈るばかりでした。(←一番気合いが入っていたのは
見ているウチらだったけど)
試合前、マツの状況をリサーチしたら「モチベーションが落ちている」
とのことだったので少し心配ではありましたけど、始まってしまえば
やはり熱いオトコです!

この日はオオシの怪我やらFW不足やらで

    坂田  孝行

 山ちゃん     山兄

   良治    河合

コミ  佑二  マツ  隼磨

      哲

FWちっちゃいコンビ!孝行は久々にFWに復活です。
前節まるで見ていないのでわかりませんが、陽介-坂田の組み合わせは
ダメだったのかな?

試合の流れは風下だったマリノスが少し劣勢。さすがにガンバは
勢いがあって、しかも前線にはでっかいバレーとちっこい播戸。
どちらもすごくいい選手なのですが、この日バレーのマークに
ついたのはマツ!ちょっとバタバタしたところもあったけれど
執拗なマークと読みでがんばっていました。個人的には佑二との連携は
バッチリだったと思うけど、これからもっと深めていってほしいです!

それから、この日の功労者は哲。
前半にドリブルでゴール前までボールを運ばれ、マツが止めきれず倒れて
(実はこれはマツのファールだったらしい?)ゴール至近距離で
シュートを打たれたのですが、間一髪で哲が片手?片足?でセーブ!!

きたっ!!エンジェルっ!!
(注;あたしとじゃらちゃんの間では、能活には神が降りますが、哲ちゃんには天使が降りることになってます)

と思った瞬間に、なんとマツのファールを取られFKになってしまいました。
(この日の審判もやたらと副審にかけよりすぎです、しっかりしてほしい)

じゃらちゃんは「やっとくん決めそうぉ~」と弱気でしたが、私は
直前のはじき出しからして止められると思っていたので
「大丈夫、エンジェル来てるからさ!!」と言ったのです。

結論としてはこのFKはやっとくんが吹かしてくれてセーフでしたが
この後の後半でもガッチリセーブしてくれました。
まぁ、最後の最後はゴールポストも身方につけてましたけど、頼もしい
かぎりの守護神です!

さて、守備陣への絶賛のあとは攻撃陣の斬りに入ります。
まず、坂田・孝行コンビ。どちらもちっちゃいので足元にボールをもらう
方がいいに決まっているのに、なぜかサイドからも、DFからも
上に来るボールが多くて、ガンバハゲ(失礼!)にことごとく競り負け
体格差でも勝てないのでとても辛そうな2人でした。
実際に、試合後のコメントで孝行は(日頃自分はボールを上げる側だが)
自分は足元に貰う方が得意だけれど、上からのボールが多かった。この経験を
自分がサイドの時には生かしたい。という発言をしていた。たまには違う
ポジションをやってみるのはいいことなのかもしれない。

そして坂田。疲れているのですか?ちょっと鈍い気がしました。特にオオシが
いない今、FWを引っ張る者としてちょっと物足りなさを。相性っていうのも
あるかとは思うけど、陽介やマイクと組むときは自分を生かしつつ、後輩も
生かすすべをそろそろ考えなくてはいけないのかもしれない。

後半出場のマイク・陽介コンビ。若いです、それが彼らの売りです。なのに
全然ガッツが感じられない。トラップが下手ならば、せめて持っているときには
しっかりキープしなくてはいけないし、無駄でも全力で取りに行くことは
しなければならない。たぶん、彼らも全力でやっているとは思う。でもそう
見えないのはなぜですかね?どうしても相手DFにびびってるように見えましたよ。

中盤組。
この日の良治さんは前向きでした。いつもならバックパスなところ、前を向いてました。
そういうの、沢山見たいです!河合はいうことありません。ただ、カードに気を付けて。
山ブラザーズ。最近兄の髪が伸びてきて、後ろ姿が同じになってしまいました。
たまに騙されてしまって、応援し間違えます。でも時間が経つににつれて、明らかに
山ちゃんの方がぐったりしてくるので、これからの暑い季節にむけてスタミナつけてね。
漫喫ででも養生してください(いいのか?それで)
コミ、最近DFがしっかりしてきました。惚れます。でも夜中の大工仕事は認めません。
隼磨、もっと上がりが見たいだよ!!くすぶっている場合じゃないってば!!そのうち
お那須に喰われちゃうぞ!!
(私信:最近お那須はセンタリングの練習を一生懸命している模様です。水沼先生の元で)

そんなこんなで、結果0-0。ガンバを完封したことは素直に嬉しいし、その試合で
マツが身体を張ったプレーをしてくれたことに新たな喜びです。
きっとゴール裏だけではなく、あの場に響いた松田直樹へのすべての応援を受け止めて
くれたよね?出られない選手すべての思いを背負っているっていうのは理解しているけど
今はただあなた自身に集中してほしいと思ったりもしました。
 


スポンサーサイト

ドつき愛?!

【マリノスvsジェフユナイテッド千葉・市原】

負けが込んでいるチーム同士の戦いです。

試合中は全然気が付いていなかったんだけど、この試合、隼磨は累積で出場停止。
右サイドが…ちょっとショボイかなぁ ガンバレお那須っ!!


スタメン

    オオシ 坂田

山ちゃん      孝行
     山兄
       河合 

コミー 佑二 勇蔵 お那須

      哲


あえて河合くんを右寄りに、山ちゃんと孝行を上目に記しましたが
そのへんは臨機応変型ですのでお気になさらず。

いつもとエンドが逆で始まったこの試合。
前半からいつもは反対側にいる右サイド組が私たちのいるバックスタンド側で

よぉ~~~~く見えました!!

まず異変が起きていたのはキックオフ。うちのFW2人がセンターに入ります。
そして、センターラインにはいつもだと山ちゃん、孝行って感じなのですが
はっ!?右はお那須でないの?!攻めていけるのかね??と思いながらキックオフ。

結論としてはスカッとはいかず、やっぱりお那須のセンタリングは厳しい。
2本ぐらいやったところで、孝行が前へ、お那須は定位置に戻っていったけど。
これってチームの約束事?それとも2人で考えたの??

そんなこんなで、バックスタンド側から聞こえる声は

那須ぅ~ すぐいけよっ!那須~ なすぅぅぅ

那須くん、いい具合にボールを持ってもそこから先で迷うものだから
ワンテンポ、ツーテンポ遅くて見ている方はイライラ感がつのるばっかり
逆サイドのコミーと山ちゃんが妙にステキに見えちゃったりして(苦笑)

でもってDFに戻ってもポジショニングがイマイチなことがあったりして
さらにサイドの審判がヘボイもんだから勇蔵が久々に!鬼の形相。

そしてついに勇蔵が爆発しちゃったのか(何に対してかは正確なことわ分からず)
FK?かCK?でのセットプレーの時?ちょっとゴール前が混乱してしまって
その後、なんとかクリアして選手がセンターにもどりかけたところで
いきなり勇蔵がお那須をド突いたのです。チーム内紛争勃発!の様相で
手まで出てしまっている2人。間に佑二が入ってなだめたのだけれど
正直…みっともなかったです。あれでイエローとかもらってたら
さらに情けなかっただろうな。
そんな前半の最後で、正直「このチーム大丈夫か?」と思ったけど

前半終了で引き上げるときも、ハーフタイム後に出てきたときも
仲良く話し合っていたので…大丈夫だよね??

そして後半。
この試合で大活躍だったのが孝行と河合だったと思う。
河合の走行距離、きっとすごかっただろうなぁ。前後左右、いないところナシ!
必ず他の選手のフォローにもまわり、献身的でした。
特に後半は山兄がしんどくなってきたところを鋭くフォローしてたのには感激です。
(みなさん、兄は労りましょう~裸で転がっている姿はおっさんですが←これ私信)
そしてこの試合の得点者・孝行。お那須とのコンビネーションに関しては
どうかと思うけど、ちょっとそこは目をつぶって。
90分走り続けるのってすごく大変で、近年の彼にはだいぶ負担だなぁ
とは思っていましたけど、前へ出てからの速さは健在!
とっても30歳なんて思えないほどガッツがあります。
そんな孝行の走りとポジショニングの良さがこの日の得点になりました。
昔はさぁ~、結構性格悪いよなと思ってたけど、フリエから来た時には
正直アツと共に「美味しいスピードスター」いただいたなと思ったよ。
そんでいつの間にかチームを離れ、そしてまた戻ってきて。
今のスタメンで30という年齢を全く感じさせない功労者です。

と、話はずれちゃいましたが、この後孝行さん赤紙もらって
(これもよく見えてなかったけど)MVPをいただき損ねました(没)。

そして、この日MVPをかっさらったのは哲。
すっごくきわだって攻められ続けた展開ではなかったのですが
最後のジェフの怒濤の攻撃には何回も肝を冷したのです。
でも、最近の守護神さんにはエンジェルが付いていますので、最後の最後も
かなりきつかったけど完封しました。
*この日のバックスタンド側副審はひどかった!両チームともかなり泣かされた。

試合中にド突き合っちゃった2人にもヒヤヒヤさせられましたが
この試合で久々に勝ち点3をゲット。
これはイコール早野のクビつなぎになってしまうけれども
ピッチで走り続ける選手にはさらなるエネルギーになったと思います。


続きを読む»

ぜんぜん

全然更新できていなくて、せっかく来て下さる方々すみません。

まぁ~6月から環境が変わって、会社でちょろちょろ書いている間が
なくなりつつあるのです。
会社で書いている方が悪いと言えば返す言葉はありませんけどね(苦笑)

地道に試合も見に行っていますし、レポもたまってはいるのですが
まだUPできる状況じゃないから。気長にやります…。

先々週は会社の仲間とおとぼけ飲み会(勝手に今、命名)をしたり
先週はまた会社をボイコットして一人街をふらふらしてきましたが
その時お昼に食べたパスタが非常にまずくって、胃もたれしたりとか
旅行の打ち合わせと称してご飯に行ったり、会社の先輩と愚痴り大会したりとか…
ともかく外食多めでして、そういうことばかりしていると
自然と睡眠時間が崩れたりするんですよ。

何が言いたいか…というと、これまでの週末は昼近くまで寝ていたり
することがあったのに、なぜか会社に行く時間に起きてしまう
はたまた今日に至っては、4時半とかに目が覚めてしまって(汗)

老化現象の表れでしょうか???
快適な睡眠がほしいと思う今日この頃です。



海外組というネーミング

【日本代表vsコロンビア代表】

日本代表ってもう数年前から私の中ではちょっとどうでもよくなってきている。
結局の所、トルシエ、ジーコ時代って見ていてもあまり楽しくはなかったからかな。

以前にも書いたけど、「●●ジャパン」なんて言うようになったのは
たぶんトルシエ時代からだと思う。
私はこの呼び方はすごく嫌いだし、間違っていると思う。

そんな私だけど、オシムにはちょっとだけ興味がある。
ワクワク感とかは抱かなかったけど、オシム語録ならぬオシムのやり方を
選手達がどう体現するかに興味がある。
初めて日本の身の丈にあったサッカーを探してくれる監督じゃないかと。


この試合で初めて海外組と言われる選手を並べた日本代表。
高原、俊輔のポジションはいいとして、中田、稲本のポジションってどうよ?
と思った…それが的中。試合中全くこの2人は存在感なし。
帰国後すぐっていうのもあるけれど、それにしても酷い有様だったように思う。

選手にはそれぞれ特徴や、クラブチームで慣れた方法みたいのがあると思う。
でも代表ではそれだけでは通用しないってのが露骨に出てしまった感じ。

高原はFWの選手だけどDFにもかなり戻るし、相手DFとやりあったりもする。
この試合でも相当後ろまで戻っていた姿を何度も見た。
ちなみに、マリノスでこういうことができる選手はオオシとジローぐらいか。
(選手のレベルとしてはタカと比べたら見劣りはしますが)

俊輔は明らかに怪我の具合が完璧ではなかった。
ありえないミスを連発してしまったり。
こちらはついオシムの顔色をうかがってしまう(苦笑)

能活。あまりゴールの枠にくるボールはなかったものの
ゴールキックで2本もミスしてた。どうした??
俊輔のミスからシュートを打たれたときはひやりとしたけれど
飛び出しはまずまずだったと思う。
コメントを見たらDF陣との連携は良かったとのことだけど
今のジュビロに比べたらやりやすかったのではないのかな?!

そんなDF陣のリーダーになった佑二。お疲れモードだよなぁ~。
デカイ相手に怯むことなくがっちりできていたと思うけど
目の前でずっこけた時にはこっちが慌てました(苦笑)

オシムは今回センターの1人に阿部を起用したけれど
レッズの時もそうだけど、なんか阿部の使い方ってもったいない気がする。
間違えてはいないけど、なんかしっくりこないような。
少し前目で使ってあげたら生き生きしそうだなと思う次第です。


最終的に新聞は羽生が入ってからの状況を絶賛していましたが
オシムとしてはきっと稲本、中田の顔見せとともに
マスコミで騒がれる「海外組」はいつ使っても万能…といった風潮を
早く一掃したかった為の起用だったのではないかな。
でもその結果羽生が絶賛されちゃったのはどうなのかな?
いい場面は沢山あったが、彼は90分出ているとパワー切れするタイプだと思うけど。


最終的な感想としては、今まで生で見た代表の試合(オシム監督になってから)
では一番楽しかったです。
オシムはそのコメントからして満足したのか不満足なのか
ちょっと微妙だったけどね。

眠いです

先日、補足でReadMoreに書きましたが
ウチの上の階の方が時々夜中にステレオ付けるのです。
今となってはどんな顔の人だったか??街ですれ違っても
たぶんわからないほどの記憶になっているのですが
朝夕が逆転しているらしく、夜中の2時までテクノ系の音が鳴り響き
マヂ!殴り込みに行きそうな勢いでした。

まぁ、音楽が好きな人は重低音の響きがいいだとか
音域がどうのこうの…って言ったりしますが
基本的にそういうのに興味がないのでズチャズチャのリズムには
苛立ちしか覚えませんでした。

というのが日曜の夜。
昨日の晩もものすごい警戒態勢でして(苦笑)
結局、音はしなかったものの「こらぁぁ!!今晩もやったら乗り込むでぇ!!」
な勢いだったら、寝られたのは1時半ごろでした。

そう、私は自宅にいるとすぐには寝られないタチなんですね。
おまけに眠りが浅い方です。

* 私信です。旅行中ってなぜか爆睡できるんだよね。

家にいるとついあれこれやるはめになって、調子に乗ってくると
ものすご~く目が冴えちゃって…その結果が昨晩であったりしてね。

そんなこんなで今日は眠いです。だからこんなくだらないこと書いたりしてます。

そうそう、昨日気が付いたことがまだあったりします…

続きを読む»

新しい

6月から社内が少し変わります。部署の人数も増えました。

気が付けば名前の順番が上の方に来てました。
そう、ウチって内線表とかそういうのが全部入社順なのです。
近頃では中途採用も結構いるので一概にはいえませんが
数年前までいつも私の名前は一番下に載ってたのにな。

今では普通に話せる先輩も私が入社したころには

とんだ新人類が来た!

と思ったそうですが、まさに今の私はそれに悲鳴を上げてます。

特にこの数ヶ月、理解不能なことが多く、なんだか自分が空回りしている気分。
仕事はすぐそばにいてもメールで送ってくるし、報告しても返事はないし。
気遣いなんてしても全く意に介さないし、心配なんてむろん無駄に終わります。

そしてこんな日々は普段のなにげないところにも出てきたり…。
ともかくいつもならどうでもいいようなことが無性に気になったり
あーだこーだ言いながらも「言っている自分」のくだらない細かさに
自己嫌悪したり。

こういうのがお局さん?!おばさん!?だよなぁ…
なんて思いつつ、日々過ぎております。

5月病なんて言葉がありますが、私は6月病かもしれません。

続きを読む»

15年J1順位表


15年スケジュール

【1stステージ】
3/7(土)H川崎
3/14(土)A東京
3/18(水)A仙台(YNC)
3/22(日)HN鳥栖
3/28(土)HN清水(YNC)
4/4(土)A柏
4/12(日)H仙台
4/18(土)A浦和
4/22(火)A名古屋(YNC)
4/25(土)H湘南
4/29(水祝)H広島
5/2(土)A山形
5/6(水祝)H名古屋
5/10(土)H新潟
5/16(土)A清水
5/20(水)HN神戸(YNC)
5/23(土)A松本
5/27(水)HN川崎(YNC)
6/3(水)A山形(YNC)
6/7(日)A甲府
6/20(土)H鹿島

【2ndステージ】
7/11(土)AC大阪
7/15(水)HN柏
7/19(日)AG大阪
7/25(土)A広島
8/12(土)A名古屋
8/16(日)H甲府
8/22(土)A鳥栖
8/29(土)H浦和
(※8/30)
9/2(水)YNC準々決
9/6(日)YNC準々決
9/12(土)A新潟
9/19(土)H東京
9/26(土)A湘南
10/3(土)A仙台
10/7(水)YNC準決
10/11(日)YNC準決
10/17(土)H神戸
10/24(土)A川崎
10/31(土)YNC決勝
11/7(土)A鹿島
(※10/28or11/1)
11/22(土)H松本
11/29(土)H新潟
12/6(土)A東京

H ホーム
HN ホームニッパツ
A アウェー
※日程変更アリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
15年選手

0 マリノス君
1 榎本哲也
2 天野貴史
3 松田直樹
4 栗原勇蔵
5 ファビオ
6 三門雄大
7 兵藤慎剛
8 中町公祐
9 矢島卓郎
10 中村俊輔
11 齋藤 学
13 小林祐三
14 熊谷アンドリュー
15 比嘉祐介
16 伊藤翔
17 端戸仁
18 ラフィーニャ
19 仲川輝人
20 佐藤優平
21 飯倉大樹
22 中澤佑二
23 下平匠
24 奈良輪雄太
25 藤本淳吾
26 中島賢星
27 富澤清太郎
28 喜田拓也
29 天野純
30 田口潤人
31 鈴木椋大
33 北谷史孝
39 アデミウソン
40 和田昌士(Y)

監督 モンバエルツ

(修行中)
松本翔(山口)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お気に入りリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
管理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。