スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア杯 最終回

終わっちゃいましたね~アジア杯。
まだ、この話続くの?と思った方スミマセン。これ、最終回です。
手短に??行こう~っ!

決勝戦で見たかった日韓戦、でも3位決定戦。
若手を使うことを示唆したという記事を見たから、どうなのかなぁ?と思ったら
巻に代わり山岸…えっ、また使うの??これはガッカリな。
個人的な問題で、ジーコの時のチーム鹿はどうであれ許せなかったのですが
なぜかチーム千葉はまっ、いいか。とどっかで思っている時があり
これまで見逃してましたが、このときばかりはちょっと。だって相手は韓国だし。

韓国にもいい選手はたくさんいますが、やはり好きになることはないチームでして
てか、代表チームってクラブチームと全然違うから魅力的に思っても、
好きにはならないね。普通!?
で、やるからには勝っていただくことが前提なのですよ。

だけど、タカ1TOPってかわいそすぎるでしょう。
負けちゃいけない試合だってわかってるんだから陣形は変えない方が
よかったんではないかね??と思ったら、やっぱりそうだった。
山岸、加地がまるで没。山岸がダメってことは駒野も上がれずダメ。
加地がダメってことは俊輔が孤立。
1TOPだったからヤットが後ろ目で、俊輔との連携が乏しく。

救いは同じぐらい韓国もダメだったということです。もうそれだけ。
試合としては延長戦に入った段階で日本は気持ちで負けてたのですよ。
自分がやってやろう!という気負っている選手がいなかった。

それでも、相手が10人になったら勝たなきゃいけない。
前にも書いたけど、代表見ているとダメマリノスと同じ時がある。
(え、比べるなっ?いや、同じだよ)
今回はまさにそのパターン。あの俊輔が途中で我を失った時があったし。

ただ一つ、勝つ方法があったとしたならば
韓国と同じ手法を使うことだったのではないかと思う。
アジアンフットボール。基本的に守って固めてカウンター。
10人になった韓国はそうせざるをえなかっただけなのかもしれないけど
日本にも実はこの手があったと思う。だけど、じいさんは使わなかった。
ボールを入れたら何が起こるかわからない…と過去のW杯予選で
井原が言ったことがある。
だけど最後までその場面がなかった。その方法を選択しなかった。

俊輔が「パスが回せるようになった」「形はできてきている」と
何回かコメントしている。初めはその意味がわからなかった。
「なんで~、マリノスのダメパス回しと一緒じゃん」と思っていた。
けど、この試合で「実はちょっと違うのかも」と思うようになった。
じいさんのコメントでは「選手に共通のアイデアを持たせ、同じように
パスをつなぎ、サッカーをさせることはある程度訓練すればできる。
その先は個人で解決しなければいけない。」と言ってる。
耳たこなセリフで、今までの監督たちも、Jリーグでも言われてることだけど
今の日本のレベルは共通のアイディアとパスと訓練しかできていないレベルで
それとは違うレベルでやっている俊輔やタカはそれがどんなものか
身をもって体験してるので「パスが回せること」「形はできてきていること」
を最低限の収穫(というか確認)とし、残りが足りない、
スキルアップの部分だと言いたくて、そのレベルに挑まなければ
いつまでたってもアジアンフットボールのままなのだ
と言いたかったのではないかと思う。

確かに結果にはがっかりだけど、これを糧にしてやっていける選手が
今回のメンバーの中に少しでも多くいることを願うしかないのだと思う。



PK戦。

延長になった時点で日本は気持ちで負けていたのだけど
でもここまできたら「死んでも勝たなくては」と思わずにはいられなかった。
「これを糧にして…」と書いたけど、選手にとって結果はすべてだ。
1年前の佑二はW杯のあと、本当にひどかった。
そういう思いをしてほしくはなかった。完全な実力差の違いで負けてもそうなのに
PKは失敗した1人に一番重い結果を科すから。
だから絶対に負けてはいけなかった、勝たなきゃいけなかった。

6人目の羽生。オシムの申し子の一人。
6人目に指名したのもじいさんだったらしい。
悪いキックではなかった。GKがよかっただけなんだけど。
羽生の姿は象徴的でつらかった。
こういう姿を見るのだけは、どんな試合であっても辛く哀しい。
羽生はどういう性格か知らないけど、彼のサッカー史の中で
忘れられない1蹴りになり、この結果が今後の選手生活に
どう影響していくのか、ちょっと心配。



でもすべての選手がこの借りを返すべく一生懸命やってくれるだろうし
チームにも伝えてくれるだろうし、楽しみにしたいと思います。

そろそろね~、週末にやることがない生活に飽きてきたのです。

スポンサーサイト

アジア杯 その2

下の続きです。全然、ブログUPが間に合いません。急げば急ぐほど
黙っていても試合日は来るので、ひとつひとつ書こうとする自分がバカなのだね。
まっ、せっかくだから書いておくけど。

今回のアジア杯は私にとってはものすご~く温度の低い大会でした。
まず、予選をリアルタイムで見られないっていうこと。これが大きな理由の一つ。
そして2番目にうちん子たち(マリノス)の動向が6月まで忙しかったので
代表モードなんかになかなかならなかったこと。
そもそも、代表はあまり気にかけていないけど、そんな理由です。

さてさて、決勝トーナメントになったら意外と見られる時間帯にやることが判明。
19時からのだと大変だけど22時からなんてのもあるから、少し余裕があります。
準決勝、そそくさと家に帰りスタンバイ。(実際はギリギリにTVを付けたけど)

入場場面が出てきた時にまず「大丈夫かな?」と思ったのは佑二。
いつになく目がいっちゃってました…こういうときは心配。
案の定、前半の大事なところで失点。これはまたDF陣のせいにされるな、
というようなシーンでした。
でもその数分後、セットプレーからの佑二のつっこみは
「きたっ~~~~~!!!」と大感激。
まだまだ目がいっちゃっているのが気になりましたが、
失敗は自ら取り返す人なので、相当の気合いが感じられた飛び込みは納得。

後半、早々の失点。こういうのは一番やってはいけないパターン。
さすがに2度目の追走はすぐには無理かなと思ったら、
佑二張りに熱い人がいました。阿部ちゃん。いいボレーだったなぁ。
この人も自らの失敗を取り返しました。

が、90分通して「なんて横パスが多いんだろう」と…マリノスでも見飽きてるのに
代表でもこれですか?!みたいで、前半途中は眠気が襲ってきました。
こういうときはだいたいやられるし、点も入らないっていうのを知っているので。
だから後半は攻めてくるだろう、と思ったらさくっとボールカットされて
攻め込まれてしまって失点。がっかりとしか言いようがない。
その後も出す横パスの精度が微妙にくるっていた俊輔、憲剛、ヤット。
中盤の要の3人に疲労が色濃く、サイドの選手も上がり切らない
タカと巻は置いてけぼりのような状況が続いたのは残念。

3点目の失点。指示なのかどうかは知らないけれど、業を煮やしたのか
DF陣が上がりパワープレー。佑二は前半から流れを見て上がっていたので
要注意だなとは思ったけどそいういう所を見逃すことなく突いてきたサウジ。
3点目は取られるべくして取られた点で仕方がない。
この大会で何度DF陣に助けられただろう?この日の2得点も佑二と阿部ちゃん。
守りと攻めと両方をどこまで求めるかは言い難い。

オシムじいさん解任論はまた出てきている。
これは世間がセオリーのように言うことだからしょうがない。
私は自由という冠をかぶった裸の王様ジーコより、じいさんの方がよほど現実的で
日本を原点に戻らせようと必死にやっているように見えるのだけど。
DFには宮本がいたほうがいいかい?中盤はゴールデンエイジの伸二や
イナがいたほうがいいかい?アレックスや小笠原、柳沢がいたほうがいいかい?
ヒデを呼び戻したいかい?
答えはNOだと思う。
現状、オシムの申し子と言われる千葉の選手は多くいる。
でも、巻を除けばオシムは意外とおもしろい人選、未来が見える人選
をしていると思う。

たぶん世の中がダメだと騒ぐほどオシムはダメではないと思う。
ダメだというのならば、それは本当は日本代表というチームがダメなんだと。

人気もなく、視聴率も取れないチームや監督はダメだと叩きやすい。
強くあれとマスコミに持ち上げられ、沢山のスポンサーを付けることで副収入を得る
代表がこんなにも豊かになったのは様々な「スポンサー様」という
支援があったからだけれども、そのための選手起用をいままでしていたから、
叩きにくかっただけじゃないの?!

オシムはこの試合前の会見で「負けたらそれはここにいる私、監督のせい」
と言い切った。今までなら「明日はこう望むつもりです」と教えてくれていたのに
「逆ギレ」された格好になったマスコミはやっぱり「解任」なんて言っているけど
選手は誰のせいにもしないし、自分たちができなかったことを理解しているし
オシムにだってやり残したことはまだまだあるだろうから、
契約期間中はそのままでいいのだろうと思う。

代表はツマラナイ???

それでいいじゃないか!!お祭り騒ぎのための代表はもうイラナイ。
選手が世界は楽しい、世界はすごい、世界でがんばる日本になりたいと
思えればいいじゃないか…。
と私は思うのですがね。まっ、マリノスの方が手がかかってるんで(笑)
代表は余興になってたり…

アジア杯 その1

みなさんが台風の中にいる私を心配している?!頃、
私は友達を無視してアジア杯、ちゃんと見てましたよ。(いいのか~それで~)
小浜島ではNHK、教育、NHKBS、フジ、TBSしかなかったけど
(テレ朝なかったんだよね~)BSでサッカーやってたんで見ちゃいました。

はじめこそ内容的にどうよ!?だったけど、とりあえず先に進めるんだね
ってことで中継終了後のチャンネル権はもちろん友達に返却いたしましたよ。


そして土曜日。因縁の?オーストラリア戦。
今年からオーストラリアもアジアの仲間入りですか~。と思いつつ
横で「7番の子もうまいんでしょ?」とか
「解説の人が今日の相手は強いって言ってたよ」とか
親がいろいろうるさいんだけど、茶碗片手に戦況を見てました。

点を取られたシーンはなんとなくヤバイなと思ったらドンピシャで
追いつく力があるんかなぁ~と思っていたらタカのビューティフルな回転に
「山兄も負けてないよっ!」と心で少し思いつつ、拍手喝采。
でもそれよりも実は心打たれちゃったのは、試合後半の佑二。
それまでセットプレー以外で前線に行くことはほとんどなかったんだけど
ボールカットしてからドリブルで前線まで行ったり、すごい勢いで戻ってみたり。
ともかくハートを、熱い熱いハートを感じました!!

でも最後まで点を取れずにPKへ。こうなると視線は一気に能活へ。
我が家でも隣でうるさい親が「川口くんなら止められるんでしょう~」
とか、まぁ適当なコメントを。
でも私の一番の心配は、 誰が、どの順番で蹴るか につきます。
思いっきり身びいきなので、うちん子の佑二には正直蹴ってほしくなかったです。
俊ちゃんもやっとくんも心配なんてしません。
駒野は普段をしらないからちょっと心配だったけど。
タカははずす気がしました。こういうときにエースは外すものです(苦笑)
で、最後は 寿人でしょぉ~~!!! と思ってましたよ。
疑わなかったですよ。がっ!意気揚々とボールを持って歩くのはボンバー頭……。
言っておきますが、私は能活が守る時は絶対に見ます。
目を背けることはありません。彼に対してはなんら心配もしたことはありません。
PKは一番の見せ場で、それに耐えうる練習を日々しているのを知っているので。
佑二に関しても、その努力家っぷりはすご~くかっているものの
PKでいい思い出って…あんまりない気がするのよ。
「うがぁ~~ゆ~じ~~やめぇ~~~っ!!」ってなこと言ってたら
隣で親が「いいじゃない、この子もうまいんでしょ?!」…えっ巧くはないっす。
とかなんとか言ってる間に助走のままに、野性味あふれるままに?!
ずどぉ~んと入ってくれた時には心底ほっとしました。
そして何よりも、みんなの所へ行きかけて、きびすを返すように能活のところへ行ってくれた時には
これで、少しだけドイツでの思いが吹っ切れたなと思いました。
この大会に臨む佑二の気持ちの強さを見せつけられた気がします。
やっぱりうちのキャプテンだもんな!!マリノス代表だもんな!!

背番号4番の一件

3番の次は4番です。

沖縄からのほほ~んと帰ってきた後のビックニュースは、

那須、FC東京へ移籍!

という、ぼけ~っと道を歩いていたら電信柱にぶつかっちゃった、みたいな衝撃でした。
同時に、3番じゃなくて4番かよっ!とも思ったけど、そのころには動揺しまくり。
一応、レンタルと書かれていたけれど東京と言えば石川ナオの一件があるので
「そのままかっさらわれ、移籍へ」なんてことがあったら来年の年チケはありえない
ぐらいの勢いでフロントに怒りを覚えました。

お那須は岡ちゃんになってボランチになり、Jリーグ新人賞までもらい、
五輪での日々もありなので、意外とみなさん「ボランチ那須」とか
「サイドバックで抜かれちゃった那須」な、イメージかもしれませんけどね(汗)。でも間違ってなければ

お那須はセンターバックの選手なんですけど。

印象薄いですけどね…向いてないのかもしれませんけどね…
そもそもボランチは、違うポジションをやることでもっと広く試合を
見られるようになるようにっていうことでやり始めた気がするんですよ。
そして五輪でいきなりサイドバックなんて不慣れなとこで出場。
正直不安だったけど、当時はノリにのってた時期でもあったので
がんばってくれるであろうと思っていたら、スコンッ…と抜かれ
それが彼の選手人生での大きな転機になってしまったように思うのですわ。

坊主になって帰国した彼にはさらなる試練があり、去年あたりからベンチに座ることもあり。
そして今年、早野の就任と怪我とでベンチにもいない日々があり…。

でも、マツの出た三ツ沢エスパ戦だったっけ?
3番と4番が、円陣がとかれ、自身のポジションに着く前に
唐突に向き合ったかと思ったらお那須はマツからダブルビンタの気合い入れを
一瞬凍り付いてしまいましたが、でも見逃さなかったじゃらちゃんと私は2人の気合いに
ものすご~~く興奮したのですよ。
佑二も、勇蔵も、良治兄さんも、河合くんもみんな大好きな選手だけど
熱い3番とひたむきな4番のピッチでの姿はなくてはならないものだと。

ただ、今年お那須が出た試合を見て正直「足りないな」と思ったのです。
アテネの地でプレーした、指示に忠実で、ちょっと自信なさげなあの姿が
だぶることがあって、ここでも「那須にがっかり」なことを書いてきました。
怪我もあったみたいなので仕方がなかった時もあるでしょう。
試合に出られない、ベンチにも座れない、練習もままならない…
そんな日々を苦しかったと書いたりもしてました。

試合を見てもわかるのですが、チームと選手間の雰囲気が
いいとは言い切れないように思われる今季のマリノス。
試合に出てナンボの選手達には日々思うこともあると思います。
今回、このお那須の移籍話は1週間でフロントが「出す気はない」
と発言したことでおさまったと報じられています。

でも引き留めたからには引き留めたなりの対応を。
飼い殺しはしてはならないということをチームには、フロントには
肝に銘じてほしいし
お那須には河合くんや良治さん、隼磨、コミ、はたまた勇蔵や佑二、
マツからポジションを奪うことで株を上げてほしいと願うばかりです。

那須大亮ここにあり

って言える勇姿を、顔がくちゃくちゃになるあの笑顔をピッチで見せてください。

すべてをやりきって、その時の評価が足りなかったらまたこの話は出るでしょう。
でもね、那須大亮って今のままで他のチームに行っちゃうような
薄情な選手だと思ってないです。
優しい那須くんが鬼の那須にかわって反撃しちゃってください。
まだまだ見足りないです、ホントの那須を。

続きを読む»

干物おんな

書くことはすこぶる溜まっているのだけど
なかなか手をつけることができません。
いったいいつになるのやら…って、大きな心で待っていて下さい。

ということで、本日の職場環境がよろしくないので
仕事のフリをしつつこんな話を書いてみます。

某テレビ局で始まった番組のテーマ

干物おんな

知ってます??私はこの言葉だけは認知していたのですが
その具体的な生態!までは把握していませんでした。
今、世の中には格差社会だのニートだのいろいろ言葉があふれているので
それらに似たものってことは確かなんですけどね。

・会社が終わったらそっこー自宅へ帰る
・帰ったら家ではジャージ
・冷蔵庫にはビールとつまみ(安いやつ)
・テレビにつっこみ入れる
・ついつい独り言が出る
・洗濯物は干したまま(もちろんそのままハンガーから取り外して着る)

etc…

ストーリーの中でデキる先輩OLが干物おんなの例としてあげた数々。
TVを見ながら大爆笑…な私。まさにリアルな私がそこにいます(爆)

言っておきますが!!!

会社が終わったらそっこー帰宅…してます(涙)ちゃんとご飯作ってますから。
家ではジャージではありません。でもそっこー部屋着です(汗)
冷蔵庫にはビールはありません。もちろん「ぷはぁ~~」もしません。
でもトロピカーナの一気飲みとかします(汗汗)
テレビにつっこみ入れて…マス(汗汗汗)もうサッカーなんてバシバシ入れます。
ついつい独り言が…デマス。じゃないと1日もしゃべらないことがありますから(滝汗)
洗濯物も基本的には干したまま2、3日はほったらかし、
次の洗濯物が出ると慌ててしまいます。
ちなみに今日現在は、日曜からキッチンマット類は干されたまま。

基本的に遊びに誘われなければ土日のどちらかはこの生活です。
ご飯食べて、掃除して、定位置でテレビにかじりついてるし、
気が付くと日が暮れてるし。思い立ったら腹筋とかしてるし。

でもね!干物度チェックしたら

まだ予備軍でした

よかった~ってことでこれからこのドラマ見て反省します。

続きを読む»

バジル

IMG_0222_1.jpg    IMG_0223_1.jpg


ある農場からバジルを沢山いただいたので急遽、晩御飯がパスタになりました。
もちろんパスタだけで使いきれる量ではなかったので、
松の実とアンチョビを入れてバジルペーストも作りました。

最近、冷製パスタをよく作ります。お手軽だっていうのが一番の理由ですが
さっぱりとしているので疲れたときにはもってこいです。

本日の副菜は小松菜の納豆和え。ゆでた小松菜と納豆をあわせただけのこと。
時々、納豆を買うのですがいつまで経っても消費されないのです。
ネットで見つけたこのメニューはまずまずだったので、今後も採用されるかな?!

そして、マイブーム!!トロピカーナのマンゴー&アップル 果汁100%です。
うまいっす!!まぢでっ!!
何ヶ月か前に新横浜のファミマで買ったのですが、
その後近所で探しても見つからずだったのです。
それが最近、いつも行くスーパーで大きなパックで売っているのを発見。
さらには沖縄への飛行機のドリンクサービスにも使われていて往復で4杯飲みました。
ネクターっぽい感じがまた好きでして、しばらくは買い続けると思います。




続きを読む»

とりあえず

なんだかいろんな人に心配をされてしまった沖縄旅行ですが
無事に現地に着き、日曜日に無事に帰ってまいりました。
くわしいご報告は追って。

今回の旅もいろいろとやらかしました…がはは(笑)


test1.jpg  さて試しにデジカメ写真を。
  沖縄で買って来た食材を使ったメニューです。
  左から、じゅーしぃー(沖縄風炊き込みご飯)
  アーサー汁、ガーリックチキン(もやしと小松菜炒め)
  スパイシーラー油サラダ、切り干し大根

左端にあるのがスパイシーラー油です。
石垣島の名産に島唐辛子というのがありますが
そこから生まれたのがラー油だと思います。このラー油に島唐辛子が
使われているかは疑問ですが、気になったので買ってみました。
後日アップできたら分離している状態を載せてみますがなんだかグロイんですよ。

■ じゅーしぃー

沖縄コープで買ったレトルト式の炊き込みご飯の具を使ってます。
タレと具を混ぜて炊くだけってやつです。
沖縄ではすば(沖縄そば)と一緒に注文をする人が多いです。
私の中でのNo1沖縄そばは御殿山(うどぅやま)のすばですが
同じくじゅーしぃーも灰汁で炊き込んであって独特の味!絶品です。
それの再現とは到底なりませんがなかなかおいしかったです。

■ アーサー汁

あおさという海草のすまし汁です。
あおさを水でもどしてだし汁に入れるだけ。醤油を少し入れてできあがり。
今回はお豆腐を入れました。磯の香りがしておいしいです。

■ スパイシーラー油サラダ

早々にこのラー油を使ってみたかったのでサラダに起用。
シンプルにレタスにごま油としお、そしてラー油。
やっこにしようと思ったお豆腐も崩しいれて、彩りにプチトマトです。
ラー油の感想としましては、思ったような激辛ではないけれど
複雑な奥深い味・・・だと思います。

他にも沖縄食材を数点買ったので追々ご紹介したいと思います。

台風と沖縄

明日から沖縄です。でもまた台風が来てます。
なんだかなぁ~って感じですよ。
今年は島へ行くので那覇とはちょっと違うと思いますが
無事に飛行機が飛んでくれることを願いつつ。

アジア杯はそんなこんなで全然生では見られないんですが録画でボチボチ見ます。
それにしても初戦。選手が感じるのとTVで見ているのでは全然違うんだろうけど
あんな展開になるんではないかな?と思ってました。
なんだか雰囲気がずっと押されっぱなしのように見えたんですよ。
たとえ攻めていてもね。

オシムの激怒っぷりもわかる気がします。

新入りです

NEC_0468.jpg  先週末にウチにやってきた新入りくんです。
  (←ちなみにこれは携帯撮影です)
  これまで携帯写真ばっかりで、でもそれで事足りていたので
  まっ、いいか!とか思ってたんですけど、
  最近になって色々と電化製品がほしくて

別にこれっていう特定の何かではないんですけど…

ぶっちゃけ、浪費癖が出てるんです!!

洋服がほしいブームが去ったあとは家電です。
これは数年に1回ぐらいの割合でやってくる波です。


NEC_0470.jpg  数ヶ月前にはこの子もやってきました。(携帯で撮影)
  ケーブルさんとビデオさんと共存していただいてます。
  でも先日すべての元のコンセントを掃除中に引き抜いちゃって
  ビデオさんの時計合わせは放置されてます(汗)


実はまだほしい家電があるです…そろそろネットショッピングのボタンを
ぽちっとしちゃいそうです。
量販店では見かけないものなんで、「実物を見たことない」ということが
ネックになってて購入には至ってませんが近いうちにやってくるかもしれません。

で、話は戻りまして。新入りくんのデビュー日を思案しているんですが
近いところでは8日のナビスコ東京戦。でも雨っぽいんですよ。
新しい子にハイリスクなデビューはさすがに可哀想かと。
次の候補日は来週からの沖縄旅行です。まぁ、このために買ったんですけど。
ちゃんと手ぶれ補正も付いてるし~(←これ、一番必要。いつも肝心な写真はピンぼけなんで)
きっと沖縄の青い空が撮れると思いま~す♪


祝!300試合 と猪突猛進

【マリノスvs大分トリニータ】

リーグ中断前、最後の試合は大分でのアウェーです。
ラッキーなことにTV中継があったので19時には食事の準備を終えて
TVの前にスタンバイっ!って思っていたら、昼間の買い物(バーゲン)に
想像以上の時間を取られてしまって、前半20分ぐらいまで
ゆっくりみることができませんでした。

そんなことはどうでもよくて、この試合で

祝! 松田直樹 Jリーグ通算300試合

隼磨も書いていましたが、マリノスだけのユニフォームを着て300試合
なかなかできることではありません。
同じ日に400試合を迎えた俊哉も立派ですが、大いに喜びたいものですね。

というわけで、絶対に勝たねばならない…のは毎試合ですけど
是非とも白星で飾ってあげたいではありませんか。
そんな日には、オオシ復帰♪ 腰痛は癒えたのでしょうか?
同じ群馬出身の後輩として気合いが入ったことでしょう。

で、肝心なDF陣は真ん中に中澤・松田ガッツリコンビに、両サイドは隼磨・コミの
怒鳴られがちコンビ(苦笑)まっ、サイドにお那須が入ったらM・S・S・Mって感じですかね。
(これ、若干私信ぎみです。わからん人すみません)
ちなみに、来週は中2人はド突きコンビに変更される予定。 ←これ大いに私信

で、私が座って見始めたころにはイケイケ状態になっていたのですが
松田さんが上がるたびに一人大盛り上がりでして、ご飯がっつきながら
「いけ~~っ!!松田~~っ!!!」とマンガに出てくるオヤジの様相。
特に河合がゴールしたセットプレーの時なんて、やたらフリーの選手がいて
おいおい、今3、4人フリーじゃん?!と。
そして、何試合ぶりかの得点はやっぱりDFかよ!という具合でした。

後半になって、大分がFW2人を入れ替え。
元マリノス、雅人こと山崎雅人の出番があるんじゃないかと期待していたけど
ボールの収めどころがほしかった大分は、万全でない高松くんと、松橋(兄)を投入。
1点しか取れていなかったので、流れを変えられたら嫌だなと思ったのですが
今日も気合いマンマンの松田さんがいるではないですかっ!

TV的には「現・日本代表中澤と元・日本代表松田」の強力コンビですからね
なんてふざけたことを言っていましたが、ウチの2人は日本代表なんて
付けていただかなくても結構です!
現も元も関係ないです。あくまでもマリノスのたまに脱線する闘将と、
やっと最近主将マークに慣れてきた闘将。どちらもJ屈指のDFってことで。
代表にいったって、いかなくったって、ガッチリやれるヤツなのですよ!!

そんな佑二さん、今度もセットプレーから豪快にボンバーヘッド!!
私の希望としてはマツに上げてほしかったけど、そりゃバレバレだしね
でも一番褒めてあげるのはすっと佑二の前に滑り込んで相手DFを攪乱した河合です。
すくなくともゴール目の前にいた2人は河合の動きにつられてました。ナイスジョブです!

3点目は山兄。今、華麗なボールさばきをできるのってウチのチームじゃ彼だけでしょう。
一度ははじかれたボールが戻ってきてからのあのシュート。
ちょっとちょっと~~ぉ、FW陣も見習ってほしいよ!!

ところが、この日はこれだけでは終わらなかった!
早野の奇策、炸裂…。 坂田→陽介、孝行→健太…そこまではワンパターン。
最後までUPしてた人…

栗原選手行きます(byピッチリポート)
ほほぉ~、DF中澤あたりを…(byアナウンサー)

と、来週のコンビネーションに備えて佑二を下げるかね…と私も素直に思ったのですよ

ところがっ…

FW大島選手と交代ですっ!(byピッチリポート)

はぁっ!? いや、オオシと交代させるのは賢明かもしれないけど、どこに入れるねん?!

そのままFWに入る模様です!!(byピッチリポート)

はぁっ!?確かにFKも蹴るし、デカイけどそれでいいんか???
と思っているうちにあっという間にFW栗原ができあがってしまって、
セットプレーになってもあまり戻らずセンターに近い位置取りで、
やる気満々の勇蔵氏。ここまでくると笑ってTVを見るしかないオヤジな私。

カウンターです!中央には栗原が待ってます!!(byアナウンサー)

ってコメントとともに前へドリブル突進する勇蔵が映るたびにゲラゲラ笑ってしまいました。
ちなみに、そんな勇蔵氏のアシストをすべく前線に突進していたのは、

紛れもなく松田直樹

結果は猛ダッシュした松田さんの足元とは微妙に合わず、ゴールなりませんでしたが

来週は見物です!!

早野さん、こりゃこれで楽しかったですが、所詮、奇策ですからっ!!

続きを読む»

ひさびさの立ち

【マリノスvs大宮アルディージャ】

リーグ中断前の最後のアウェー戦です。
ちょっとどうしようかなぁ~とは思っていたのですが
じゃらちゃんにご相談したら同じようなことを考えていたらしく
さらにじゃら母の「日曜はサッカーでしょ!」の背中押しに見送られて
久々の駒場への旅となりました。

いつもは赤い街・浦和ではありますが、この日はオレンジと青の共存で
さらにウチらの遠征につきものの雨に歓迎されて駒場に到着です。
でもつい、いつもの感覚で行ってしまったので到着時には場所ナシ!
おまけに駒場はスタンディングだからねぇ。
かろうじて1人分のところに2人で入って、ちゃんと屋根もあって助かりましたが。

久々の立ち見だったのでなんだか落ち着いて見ることができなかったのですが
この試合も松田先発です!!
決して勇蔵が悪いわけでもないのもわかっていますが、
3番がいると応援も気合いが入ります。最近は直樹コールだけやたら長いです。
というか、年寄り、じゃなくてベテラン選手へのコールだけやたらみんな必死になります。
松田、佑二、孝行…はかならず3回以上。他は1、2回(苦笑)。

この日、初?スタメンはマイク。坂田と組みます。正直な話、
これってダメだと思ってました。前節でも書きましたが
どちらもボールの収まりが悪いからです。

危惧したとおり、あの身長で競り合いは負けるし、ボールキープはできないし
見ていてこっちはかなりのストレスフル!!つられるように坂田も凡ミス連発。
マイクの努力をかわないわけではないけれど、努力と実力は違うんだ!
っていうのを露呈。期待を寄せられているだけにゴール裏から出るのは
ため息ばかり。
唯一1回だけできたまともなトラップから反転してシュートをしましたが
それも枠を捉えることなく。
なんでしょうねぇ、でかいのに凄みがないっていうか、運動量足りないっていうか。
確かにU20では期待されるのは分かりますが、Jで出来ないものを
世界大会で出せるのか甚だ疑問。でも新聞か何かで見た孝行の言葉を借りれば
「世界を経験することで見えてくるものがある」そうなので
しっかり修行していただきたいです。さらなる技術向上を願います。
(私信:言わせていただけば、人相悪いのとか、骨折したのとかがちゃんといれば
マイクってベンチ外だと思うのよ。分かる?この私の憤り)

そんなこんなで、全然前にボールが収まらないので
DF陣は必死の守り。あげく中盤組も下がらねばならない始末。
ラッキーなことに相手も外してくれるし、何よりも哲が相当踏ん張ってくれたお陰で
0-0で折り返し。

後半。
やはりダルダルだった山ちゃんに代えてお那須。
山ちゃん、やっぱり暑いのに弱いのかなぁ。パワフルさが足りないっていうか。
兄の凄みまでは要求しないけど、このところカクンとパワー切れが見えてしまうので
いささか不安でなりません。
そしてマイクに代わってオオシ!!もう、みんなオオシが円陣に加わっただけで
相当盛り上がったのに、開始早々、隼磨との連携で(隼磨もよく粘った!)
いいシュートが飛んだときは、誰しもが「やっぱりオオシ!」と思ったと思います。

その直後、大宮GKが手の負傷(のちに骨折全治2ヶ月と判明)のため交代して
イケイケムードが盛り上がってきたのです。

とまぁ、ここまではよかったのですが後半半ばぐらいかなぁ?
逆サイドにいる哲が太ももをさすりながらスタッフの所へ。
前々から竹田さんに足が相当きているっていうようなことを聞いていたので
もしかするとやばいかも…と不安になりました。
でも本人はテーピングをしてもらったら足を引きずらないんですよ。
絶対に代えてもらわなきゃやばいでしょ、というところなのに
その後もパンチングで飛ぶは、GKもするわ…。
試合後のコメントで

「最後に陽介を入れたいことは分かっていたから、代えてくれとは言えなかった」

と発言。
そういうもんじゃないだろっ!と思わずベンチに怒りさえ感じてしまいましたが
今のGK事情としまして、哲以外にありえないので(あんなにGKいるってのに!)
大事にしてほしいのですよ。FWが点取れなくて四苦八苦してるのは
DFと哲なんだから!!

そして、誰もが予想していた陽介投入。前がかりになりたい気持ちは分かるけど
これしか対策ないんかねぇ?!…てか、ないんですね(苦笑)
それでも育てなきゃならないのですね…ええ、育てなきゃならんのですよ。
若いもんはガッツでいきましょう、ガッツで!!
とだけ記しておきます。

ということで、引き分けの煮え切らない状態で終了。
DF力は十分なのでFWは仕事をしましょう!!
いつまでもこの手法でクビがつながると思うなよ、早野。
半分終わった段階で去年とほぼ同じ8位。若手育成というけれど
現在のDFの若手はコミぐらい?!前線でしか若いの使ってないじゃん。

私の中では若手起用ってのは例えばナビスコとかにどかっと使うとか
ポジションの半分は普段ベンチ外の選手を使うとか
そういうのを言うんだよ、って思ってるんだけど
一人、二人をベンチに座らせておくだけってのはね?
そうして流出した有望株は数知れずってことですよ。



15年J1順位表


15年スケジュール

【1stステージ】
3/7(土)H川崎
3/14(土)A東京
3/18(水)A仙台(YNC)
3/22(日)HN鳥栖
3/28(土)HN清水(YNC)
4/4(土)A柏
4/12(日)H仙台
4/18(土)A浦和
4/22(火)A名古屋(YNC)
4/25(土)H湘南
4/29(水祝)H広島
5/2(土)A山形
5/6(水祝)H名古屋
5/10(土)H新潟
5/16(土)A清水
5/20(水)HN神戸(YNC)
5/23(土)A松本
5/27(水)HN川崎(YNC)
6/3(水)A山形(YNC)
6/7(日)A甲府
6/20(土)H鹿島

【2ndステージ】
7/11(土)AC大阪
7/15(水)HN柏
7/19(日)AG大阪
7/25(土)A広島
8/12(土)A名古屋
8/16(日)H甲府
8/22(土)A鳥栖
8/29(土)H浦和
(※8/30)
9/2(水)YNC準々決
9/6(日)YNC準々決
9/12(土)A新潟
9/19(土)H東京
9/26(土)A湘南
10/3(土)A仙台
10/7(水)YNC準決
10/11(日)YNC準決
10/17(土)H神戸
10/24(土)A川崎
10/31(土)YNC決勝
11/7(土)A鹿島
(※10/28or11/1)
11/22(土)H松本
11/29(土)H新潟
12/6(土)A東京

H ホーム
HN ホームニッパツ
A アウェー
※日程変更アリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
15年選手

0 マリノス君
1 榎本哲也
2 天野貴史
3 松田直樹
4 栗原勇蔵
5 ファビオ
6 三門雄大
7 兵藤慎剛
8 中町公祐
9 矢島卓郎
10 中村俊輔
11 齋藤 学
13 小林祐三
14 熊谷アンドリュー
15 比嘉祐介
16 伊藤翔
17 端戸仁
18 ラフィーニャ
19 仲川輝人
20 佐藤優平
21 飯倉大樹
22 中澤佑二
23 下平匠
24 奈良輪雄太
25 藤本淳吾
26 中島賢星
27 富澤清太郎
28 喜田拓也
29 天野純
30 田口潤人
31 鈴木椋大
33 北谷史孝
39 アデミウソン
40 和田昌士(Y)

監督 モンバエルツ

(修行中)
松本翔(山口)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お気に入りリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
管理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。