スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年Jリーグ最終戦

2007年最終戦、行ってまいりました。
メインイベントのはずのサッカーですが
やはり時間が経つと記憶が薄れます。

それでも覚えていること・・・

今年1年を象徴するような薄っぺらい試合だった

ってことでした。
たぶん、選手はそれなりにやっていたと思います。
が、この試合で唯一光ったのは哲のPKストップのみ。
これはオオシと大久保の日本人得点王争いを左右する
大事なシーンであったわけで、
シーズン中ピリッとしない場面が多々あった哲にとっては
非常に大きなことでもありました。
でも、この場面で今年1年のミスが帳消しになったわけではないのです。
肝に銘じてくださいませ。

勝てないことに苛立つ選手。特にFW陣は波がったわけですが
結局のところその波は他のチームと比べると
小さな波が上下しただけにすぎないような気がしてなりません。
得点王を狙っていた大久保は果敢でした。でもオオシはどうだった?
坂田はちゃんと周りが見えていただろうか?

MF陣はどうだっただろう?
山瀬兄は1年を通じて非常にがんばったと思う。
彼がいなかったらまず今季の順位以下だったのは間違いない。
でもその脇を固める選手たちがまだまだ未熟だったのは否めない。

DF陣はこれもまた“強力”と言われるにはちょっと心苦しい1年だった。
沢山のDFを抱えるチームなのに若手に勢いが感じられなかった。
栗やお那須はどうだっただろう?100%でできた1年だったのだろうか?

結局のところ1年間やってしまった早野ですが、
最後までトップを競うチームを扱う監督にはなりえなかった。
初めからまるで当てにしていなかったけれど、
ずるずるとこの1年を任せてしまったことは最大の失敗であり、
消せない汚点であると思う。

某元選手がこう言っていた。

所詮、選手を経験したことがない人が
チームを操ろうとしても成功することはない。
選手は客寄せパンダではないし、
商品ではないということをわかっていないのだから。。

左伴が社長だったとき、少しはマシだと思えたのは
そのへんにあるのかも?
(最後は尻すぼみだからすごく良いという評価はできないけど)
でもってダメ指揮官と、ダメフロントにいつもチームが振りまわされてしまった
ということですな。もうそれ以外言うことはありません。
ちなみに来年も空気はかわらないと思います。


さてさて、暗いことばっかりではなんですから
「ホームスタジアム神戸」のご紹介でもいたしましょう。

三宮や神戸中心地から電車で30分以内です。
電車を降りると4車線ぐらいの道路に出て、
そこから徒歩10分ぐらいだったかな?
途中にはコンビニが確か?1軒なので、
買い物は市内中心地ですませておくことが必要です。
特にアウェー側の食料事情は国立よりも悪いです。


IMG_0486.jpg  IMG_0487.jpg  IMG_0488.jpg


サッカー専用?スタジアムで、なんと屋根が開閉式!!
関東近郊では完全開閉式ってないからそれだけで感動。
雨の心配もなく、完全に囲まれる感じなので
ものすごく寒いってことはなさそうです。
観客席の斜度も非常にいいのですが、
座ってみる人たちにすると前の人が立ってしまうとまるで見えませんので
指定席をオススメします。
ちなみに私たちはゴール裏メインスタンド寄りの上から2列目ぐらいから見てました。
(ここまで上でないと立っている人がかぶってゴール前が見えませんでした)
それでも相当近くに見えるのはすばらしいことです。うらやましい!!

ずっと気になっていたのがホーム側のゴール裏下にあったレストラン。
試合後に確認したところ、事前申し込みで使えるそうです。
試合の見え方はちょっと疑問だけれども、
他の競技場にないものなので試してみたいような?!


IMG_0496.jpg  IMG_0497.jpg


そして、ヴィッセル神戸ミュージアムもありました。
歴代のユニフォームが飾ってあったり、
今シーズンの選手の紹介パネルが飾ってありました。
試合には出なかったけど、マリっ子「遠藤彰弘」を発見!
思うようなシーズンにはならなかったようだけれど、久々に顔を見ました。
元気にしているかな?


IMG_0493.jpg  IMG_0494.jpg


スタジアムの外には、ここを使う選手たちの足型がありました。
サッカー専用とかって書いてしまったけど、ラグビーとかもやるのかな?

試合内容はパッとしなかったけれども、ホムスタは行く価値があるスタジアムです!!
今までの中で一番かもしれません。


続きを読む»

スポンサーサイト

2007年ホーム最終戦

【マリノスvsアルビレックス新潟】

すみません、またも時間が経ちすぎて記憶が腐ってます。
さらっと流す感じで行きますので、つっこみどころ満載かも。

ジェフ戦での戦い方は決してほめられるものではなかったけれど
でも気持ちがつながったので、ホーム最終戦は堂々と戦ってほしいところ。

しかし、前日情報をゲットしていなかったのでスタメン聞いてびっくり。

前節でレッドをもらってしまった勇蔵に代わってセンターバックは裕介。
サイドはコミーが復活。期待大だったマツは風邪、お那須は足に違和感ときた。
なんなんでしょ

で、試合内容といえば…。黒ずんだバナナのごとく(←本日のポイントですので覚えておいて)

・夏あたりから、しょーもない哲ばっか見ててイラっとさせられるのを通り越して
怒、怒、怒、怒!!!てな感じだったのですが
この日は止めてたなぁ~という印象。なぜ印象と言ってしまうかというと
それまでが余りに脱力させるパフォーマンスだったので
ホーム最終節でパリッとしても「普段からそれを…」とおもってしまったということ。
でもさ、哲、ふんばれるんじゃん!エリア内からでも指示できるんじゃん(笑)


07niigata-3    07niigata-4


河合。今年はこの手のゴールが目立ったかな。
山ちゃんとか、お兄ちゃんとか、ときどき栗とか…etc。
後にTVでみたら相手DFに当たってたけど、この1発に救われた。

なんとか奪い取った1点を、守りきったこの試合。
正直、沸き立つのはゴールの瞬間だけ。それ以外、バクスタの一喜一憂の波は大人しいもんです。

で、最終戦なのになんでこんなにテンション低いかっていうと
試合前にテンションMAXになってしまって、もう満足度100%って具合だったのです。
この件に関しましては続きをお読みください。

そして最終戦なので、最後に社長と早野がご挨拶。

まぁね、全然期待とかしてないんだけどサラリーマン上がりの社長は
当たり障りのない、ぼやっとした挨拶しかできなくって
すでにこんなに時間がたってしまっているこの記事に
こんなんだったよ!来年はがんばれるかも?!
って書けるようなことはヒトコトも発していなかった。やれやれ最後までこれだ。

そして早野。
なんだか一人で感極まっていたのですかね?
それとも最後までサポには認められなかった恨み節??
自分の責任は来年に向けて若手を育成することにあってそれはできた…
みたいなことを言っていたけど、あんたが必要として補強した選手は
誰一人として活躍もせず、高い金をドブに捨てたではないか!!
勝つことを、優勝争いをすることを義務づけられたチームにおいて
指揮官が最後までその意識が低かったことが何よりも謝罪してほしいことだ。
若手の使い方は最後まで間違えていたと、今でも私は思ってますけど。

07niigata-5  07niigata-6  07niigata-7


最後に選手のダラダラ行進。
去年のジェフ戦で、驚いたことはチームキャプテン、ゲームキャプテンが
我先にとちゃんと自分の言葉で挨拶をしていたことで、
同時に、うちの選手教育ってなってないと思ったものでした。
こういうことって意外と大事で、お金はかけなくてもできると思うのです。
たとえばDJが簡単な司会役をして、何人かの選手にちゃんと挨拶をさせたり
簡単なインタビューをしたり。
そりゃ、物をもらって喜び勇んでいる私たちですけど
本当にうれしいことって選手の心意気をみせてもらうこと…
それはもちろんプレーが一番なんだけど、時にはちゃんとした言葉でやってもらいたかったり。
今、HP上には「今年を振り返って」っていうお題で選手の言葉がUPされていますけど
やっぱり生声を聞かせてもらいたいと思うのは欲張りでしょうかね?


続きを読む»

背番号4

コメ要求しておいて、違うネタですみません。


お那須、行くな!!!


この前、1980円のユニに2000円以上?の背番号を入れることになった。
候補はいっぱいあった。もちろん4番も。
でもどうしても不安がぬぐい去れなかったんだよ。
行っちゃったら意味ないし。
そんな不安が今、的中しようとしているんだな。

行くな、としか言いようがないんだけど。

ヴェルディは来季哲二が監督だしな。
どうであれ、日本代表DF・キャプテンだった人だから
学ぶものもたくさんあると思う。

我がチームが不甲斐ないと、揺れたお那須の気持ちも分かる気がする。
だから強く言えないってのが本心。

年チケ売れて浮かれてんじゃないよ。
向かう方向が見えてない今、来季は2桁順位も迫ってるね。

でっかい補強はいらない。身の丈にあった補強で十分。
そう思っていたけど、既存選手あり方をもう一度見直さなくてはいけない。
たくさん原石はあるんだからさ。

いつUPされるのか?

言っておこう。

とりあえず、最終戦の1試合前(=新潟戦(H))までの記事は完成している。

けど!写真処理がやっとらん。だから載せられん。
つーか、読みます?写真なくても…。

たとえ先月の話でも…?!

読むよ、って言う人。1コメントお願いします。

あ、

☆★☆ メリークリスマス ☆★☆

裏・注目試合

【マリノスvsジェフユナイテッド市原・千葉】

蘇我までプチ遠征。天気はいいのだけれども、風が寒い寒い。
しかしまぁ、蘇我駅って何もないのよ。カピバラバンザイ!?
(通じない人はスリー●●で見てください)
千葉って言えばサマラナカレーなんでもちろん食べました。
それ以外で人気ありげ?だったのは売り子が売ってる牛丼。なぜに??
においだけいただいたのはキムチスープ。誰か試して感想を聞かせて。

千葉に来ると毎度ドラマがございます。
この日の試合は中だるみ順位どうしの試合だったから空いてるはずが。
前日のオシムの緊急入院によって予想以上の満員に。
(一昨年はこけら落としにご招待され、去年は最終戦で乱闘騒ぎになりました)

バックスタンドで見たのですが、去年は空いていてよかったのですが
今年は試合前にはぎっしりジェフサポに囲まれてました。
私の前に座ったお兄ちゃんが黄色いユニの下に「NAKAZAWA」ユニ着てて
オマエ、どっちやねん!!とこっそりじゃらちゃんとつっこみ入れてたら
突然話かけてきて「恐いっすよね、脱いだら」って聞くから
「大丈夫、ジェフサポは優しいから!!」と脱がせておきました。
これで小さくマリ集団完成(総勢4名・笑)

山兄、復帰。足も大事に至らなかったようでなにより。
カード明けの勇蔵復帰。お那須はベンチ要員に逆戻り。
ベンチ:飯倉、マツ、お那須、乾、山ちゃん、陽介…以下、省略

ジェフはU22の水野、水本など元気要員が欠場のため
よく知らない面々がスタメンを飾っておりました。
ただし、代表組の巻、羽生、山岸のトライアングルは要注意といったところ。

山兄がもどったことによりチームがグッと引き締まった前半。
20分過ぎごろにセットプレーを強引に佑二が押し込み久々のボンバーヘッド。
ねじ込むって言葉がぴったりでしたが、いい時間帯の得点に
バックスタンドマリサポ集団(総勢4名)は小さくガッツ。
もちろんジェフも黙ってはおりませんでした。徐々にボールをキープし始めると
山岸-羽生の両ラインがうちのサイドバックをゆさぶりはじめた。
たまたまバックスタンドから見ていたからだけど、隼磨は山岸に抜かれること多々。
そして20番の選手が要所要所に顔をひょっこりと出し、河合を撹乱。
巻を佑二が、新居を勇蔵が見る感じではあったけれど
この20番の動きにつられている時があり、かなり心配。

後半。思った通りジェフはどんどん攻めてきてうまくボールカットもできない状況。
そして、早い時間に巻を下げてレイナウド。
この直後のセットプレー1回目で勇蔵がハンド。
見えてはいなかったけど、故意ではなかったと思う。
でもそこはペナルティーエリア内。
せっかく戻ってきたのに、また1休みになってしまった勇蔵。無念。
PKを決められ同点。また選手が下を向くのではないかと不安が。
それが的中してしまったのが次のゴール。
裕介がサイドチェンジで流れてきたボールを途中で追うのを諦めかけた瞬間
猛ダッシュで飛びついた選手が…羽生だった。
マリ選手は忘れているんだろうか?ジェフはオシムスタイルが基盤のチーム。
走ることを信条とし、戦ってきたチームだということを。
ラインいっぱいで止め、すばやいクロスにうちのDFは一瞬足が止まっていた。
それが20番のボレーシュート。
沸き立つジェフサポの中にいる4人だけが頭を抱える…。

こんなチームだけど下を向かなかったスピード屋が1人。
ジロー。本当にサンキュー。
この日のジローは体調がイマイチなオオシや、トラップ下手な坂田を尻目に
FWもMFもDFもなんでもやったる!、ぐらいの勢いで90分もつのか心配なぐらいの働き。
同点に追いついたオオシへのセンタリングはミラクルかと思ったぐらい
オオシにむかって一直線に飛んでいった。
もちろん小さな集団総勢4名歓喜(←しつこい?!)
その他にも、GKと一対一を逃げずにシュートしたり、
相手シュートの最後の最後をカラダを張って止めたり。
彼のシーズン後半戦からの献身ぶりにはこちらが熱くなります。
(願わくば1年間そうであってほしいところですが)

これで少しは生き返るか?!と思ったマリノスですが、やはり防戦の方が強い感じ。
オオシも坂田もヘロヘロで、こういうときこそ若手を!!と思ったら、
とりあえず坂田を山ちゃんへ。ん~百歩譲って良しとしよう。
一応攻めの合図だと信じて。

どうしても点がほしいジェフも負けじとFWと投入、ジョルジェビッチを下げた。
これは結果としてマリノスにはラッキーだったと。
それまで全然スペースをつけなかった左側に余裕ができて
そこを縦横無尽のジローがうまくつかってくれました。
逆転弾になった隼磨のシュートは、逆サイドにいたジローの
サイドチェンジから生まれたもの。
私たちの目の前から蹴りこまれたボールがうまく隼磨に渡ったときは
正直、それだけで「やった!」と思ったぐらいいいボールだった。

オシムのことがあったので、KYと言われてしまいそうな我がチームですが
うちにもオシムによばれている選手がいるんで、それなりに敬意はあったと思います。
そしてなによりスッキリ勝てない病から瞬間脱却したことはよかったかな。
とっても満足のいく試合ではなかったけど。

帰れない

予告です。

週末に神戸へ行ってきました。そのご報告を近々するはずです。

でもって、そのツケのようにまだ帰れないスパイラルに
この数週間はまっていて、希望の時間に上がるには
有給or半休を取らなければ思うようになりません。

私信。

カラダが痛いです。
終点では1小節長くかかりました。
昼休みに15分も爆睡しました。
きっとそちらも残業モードでしょうね。こっちもまだ終わりません。

あ~早く帰りたいんですけど。

15年J1順位表


15年スケジュール

【1stステージ】
3/7(土)H川崎
3/14(土)A東京
3/18(水)A仙台(YNC)
3/22(日)HN鳥栖
3/28(土)HN清水(YNC)
4/4(土)A柏
4/12(日)H仙台
4/18(土)A浦和
4/22(火)A名古屋(YNC)
4/25(土)H湘南
4/29(水祝)H広島
5/2(土)A山形
5/6(水祝)H名古屋
5/10(土)H新潟
5/16(土)A清水
5/20(水)HN神戸(YNC)
5/23(土)A松本
5/27(水)HN川崎(YNC)
6/3(水)A山形(YNC)
6/7(日)A甲府
6/20(土)H鹿島

【2ndステージ】
7/11(土)AC大阪
7/15(水)HN柏
7/19(日)AG大阪
7/25(土)A広島
8/12(土)A名古屋
8/16(日)H甲府
8/22(土)A鳥栖
8/29(土)H浦和
(※8/30)
9/2(水)YNC準々決
9/6(日)YNC準々決
9/12(土)A新潟
9/19(土)H東京
9/26(土)A湘南
10/3(土)A仙台
10/7(水)YNC準決
10/11(日)YNC準決
10/17(土)H神戸
10/24(土)A川崎
10/31(土)YNC決勝
11/7(土)A鹿島
(※10/28or11/1)
11/22(土)H松本
11/29(土)H新潟
12/6(土)A東京

H ホーム
HN ホームニッパツ
A アウェー
※日程変更アリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
15年選手

0 マリノス君
1 榎本哲也
2 天野貴史
3 松田直樹
4 栗原勇蔵
5 ファビオ
6 三門雄大
7 兵藤慎剛
8 中町公祐
9 矢島卓郎
10 中村俊輔
11 齋藤 学
13 小林祐三
14 熊谷アンドリュー
15 比嘉祐介
16 伊藤翔
17 端戸仁
18 ラフィーニャ
19 仲川輝人
20 佐藤優平
21 飯倉大樹
22 中澤佑二
23 下平匠
24 奈良輪雄太
25 藤本淳吾
26 中島賢星
27 富澤清太郎
28 喜田拓也
29 天野純
30 田口潤人
31 鈴木椋大
33 北谷史孝
39 アデミウソン
40 和田昌士(Y)

監督 モンバエルツ

(修行中)
松本翔(山口)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー
11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
お気に入りリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
管理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。