スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々のドロー

【マリノス vs FC東京】

そう、記事に書いて下さった新聞各紙の方々ありがとうございます。
「またも勝てず」と書いて下さった方々、本当に本当にありがとうございます。
今の心境はと言えば、どちらかと言えば後者です。

「この1点が、この勝ち点1があとでものを言うんだよ!」

と、心に言い聞かすのはなかなか難しいことです。

桑原の時はロニロペにこだわるのはある意味仕方がないと思ってました。去年なんて高い金出して連れてきた人たちを数試合しか使いませんでしたから、意気込んで投入した外人2人を使い切ることは使命でもあったわけです。

でもその結果として、去年あれだけ頑張った選手たちの結束が崩れてしまうことになってしまったのは
日本人が外国人を絶対的存在として頼りにしすぎているからなのかもしれません。

某有名監督がある国の代表監督だったとき、あまりに著名な選手が勢揃いしていたにもかかわらず
なかなか勝てずに国民からバッシングされ、「ならばファンの、マスコミのいう布陣で戦いましょう」
と言って試合に臨んだことがあったそうです。結果はやはり負けだったそうですが…

でもいまのウチは、意外にもファンやサポの見方が正しいかもしれません。
素人が何を言うか!とフロントも現場スタッフも選手も言うかもしれませんが。

試合前日の報道で、やっとやっとやっと…オオシ、坂田の2topに戻す、と知ったときには心底ホッとしました。
オオシは途中からじゃなくて初めからがいいんです。坂田もできない1topより引っかき回す、飛び出すほうがいいんです。兄も2人の後ろでドンと構えていたほうがいいんです。河合だってボランチ兼DFの方がいいんです(笑)

というわけで、やっと原点回帰にたどり着いたらしい…(遅)

   オオシ 坂田

   山瀬兄   
        兵頭 

   アーリア 河合

コミー マツ 佑二 隼磨

       哲

哲ちゃんお帰り。鶴(秋元)は悪くはないけど、それ以上にもっとしっかりしてもらわなくてはならないってことを出られなかった数試合で学んだでしょう。まだまだ守護神になりきれずなので、さらなる飛躍を。


開始4分でやってきた歓喜。

この2topになって、やっと2列目、3列目から一人、二人、三人とゴール前につっこむ姿が見られました。得点シーンもまさにそれ。コミーのセンタリングが相手DFに当たり、後ろから来ていた兄が拾い、中に!!(もしかするとシュートだったかも)そのボールにオオシと坂田が突っ込む。残念ながら真反対にいたのでそのシーンはごちゃついているだけだったけど、あとからVTRを見ると同じように足を伸ばしてゴールにつっこんでいく2人の姿がそこにありました(笑)
足が長いオオシの勝利でしたけど、2人の後ろにはさらに誰かの姿がありました。(松田さんじゃないでしょうね?!)

上げても上げてもそこには誰もいない…っていうコミーのセンタリングが、ちょっと寄り道したけど結実した瞬間でもありました。このゴールのあとにコミーが勢い付いたのは言うまでもありません。

けど、喜びはつかの間でした。

いつも「うっかり」な右サイドなんですが、うっかりかわされ(隼磨)、うっかりドリブル突破通され(河合・佑二)、最後に猛ダッシュで戻ってきていたマツが1対1になったのだけどグランドに足を取られて失点。

前試合から『お疲れ佑二』が振り切られることが多々見受けられ、さらに守備力の薄い隼磨がいるので河合くんが忙しい。ちゃんと出来ないのなら無理に攻めに加わらなくてもいいと思うが、ナカザワさん。

こうしてほんの開始15分ぐらいの間に得点し、失点もしたわけだけど、わたしもうっかり「勝てる気がする」とか思ってしまったのです…。

コミーは本当に背中痛明けとは思えないぐらい攻撃はもちろん守備も相当やってた。隼磨も守備では羽生、外人2人にやられまくってたけどめずらしくセンタリングは上がってた。そしてなによりもオオシ、坂田、山瀬兄の連動がよくって、それが嬉しすぎて、持ってるウチワが前半でちょっとヨレっとしてしまったぐらいだった。


いい感じに前半が終り、後半もかなり期待。

45分 長谷川アーリア ジャスール→水沼宏太
75分 田中隼磨→斎藤陽介
79分 小宮山尊信→金井貢史

めずらしく後半の交代もまっとうに行われた。

前半の流れに全くといっていいぐらい乗れてなかったのがアーリアだった。外人2人に勝ててなかったし、所在なさげな雰囲気があったので交代は仕方ない。けれど、このポジションでゲームメイクできる人はこの先絶対に必要なので精進していただきたく。

隼磨は後半羽生に走り負けしていたので妥当ですな。心肺能力はピカ一なのに、それが試合で生かされていないのは展開能力のなさか?

コミーは最後に足がつっていたし、病み上がりだから問題なし。金井くんは前節で手応えがあったからこれからもこういう形ででも使われることで進歩すると思う。


     オオシ

  陽介   坂田 

金井 山瀬兄 河合 宏太

    マツ 佑二

      哲

正確には金井も宏太もガンガン上がっていたので守備は2人だったり1人だったり…危なくもあるけれど、みんなが生き生きと必死になっていたのでそこはかなり評価できる。

けどさ~~

やっぱり追加点はナシ(没)

終了のホイッスルとともに拍手はできなかったね。この数ヶ月間とは違う意味で疲れた。
大ブーイングに迎えられる東京選手とは対照的にウチの選手は拍手で迎えられてた。

ありえないですから!!

なんでかなぁ…これ、勝てる試合落としてるんだよ。もう甘やかすのはやめなきゃ。
地道に「今日はおしいシュートが沢山あったね」「今日は1点入ったね」なんて言っている時間はそうないと思うんだけど。

選手は誰一人として満足な顔をしていないし、安心した顔もしてなかったのに、ゴール裏にはなんだかゆるい空気が流れてたのはなぜ?!

うだるような熱気に包まれたゴール裏に久々に入ったのに、こんなもんだったかなぁ…と思った次第です。

されど1点、されど勝ち点1

最後にものをいうのは今日の「1」か…
スポンサーサイト

ノープラン

【マリノスvs鹿島アントラーズ】

長い間、このチームを見てきてはいますが

未だかつてないぐらい

勝てる気がしない

いや、

点が入る気がしない

そんな状況です。

プランなし、特徴なし、気合いもない

下は向くな、前を向け

ゴールを見ろ、シュートを打て

続きを読む»

ゴールドペーパー監督

【マリノスvsヴィッセル神戸】


この試合、わざわざマリノスタウンまで行って、PV観戦してまいりました。

GK鶴(←全然公ではない私だけの勝手な呼び方。=秋元です)
3度目?の先発。
哲ちゃんがメンタル面での調子下落と書かれておりました。他にもイロイロあるんだけど、仕方なし。

DFマツ、佑二、コミー
これは実質+河合の4バックなのか、2バックなのか、はたまた1バックなのか(笑)

MF河合、兵頭、山ちゃん、宏太 
んー若干心許ないけど、山ちゃん調子上げてるっていうし

FWロペス、山瀬兄、ロニー 
ついに困った時の兄FW、この期におよんでまだロニロペ使うんだ

というのがスタメン見ただけの感想。
怪我人を置いてきて、調子がいい人を使うっていうのは賛成する。
けど、調子がいいのと、チームの意思疎通・結束は全く別物。前線3人のやりとりもかなり疑問だけど、それにからむ宏太、山ちゃんは練習試合も全くナシでOKだと言えるのか????

案の定だけど、っていうか川崎戦と同じだけど、前への気持ちとサイドから崩すっていうのにこだわりすぎて真ん中スッカスカ、そして神戸は大久保、金、レアンドロにボールを振り分けウチのサイドの裏狙いを徹底。
たぶん初3バックの一角を勤めたであろうコミー。普段からマツに怒鳴られまくっている成果か?山ちゃんのDFに期待してない緊張感か?(あら、失礼)想像以上の集中力で頑張っていたよ。でもコミーの良さは全く発揮されないポジションだから切なくもあり。

でもDFのところでどんなにストップしても、河合、兵頭がDF3人の所へ混じっても、結局は真ん中に誰もいないのでサイドへ出す→読まれているのでカットされる→また押し込まれるの繰り返し。
山瀬兄がボールを持てばかならず2~3人に囲まれるし、ロニロペの連携はおろか山瀬兄を含むFW同士の連携が非常に悪い

金田が言った絶妙なコメント 
「ロニー、ロペスともにチームに合わせるタイプではなく、独自(独特)のリズムでのってくるタイプ。今のマリノスには合っていない」
というようなことを言っていた。まさにその通りで、久々、カネヤン節に納得のうなずきでした。


前節、全く見ていないのですがあらゆるところで気持ちが見えた、ゴールへの姿勢は健在、ちょっとした不運…。
と、比較的前向き発言が多かったので少しはシュートへの意志が高まったかと想像していたけれど
見てガッカリ。前半にはそんな片鱗は全く見えず。



後半の交代。

57分 水沼宏太→長谷川アーリア ジャスール
64分 山瀬幸宏→清水範久
80分 小宮山尊信→大島秀夫

宏太の交代は兵頭が右へ、アーリアがボランチへという交代で、山ちゃんのところはそのままジロー、極めつけはコミー(DF)切ってオオシを投入、河合くん下げて佑二を前線に。


 ロニー 佑二 オオシ

  山瀬兄 ロペス


 ジロー アーリア 兵頭
     河合 マツ
       秋元


もうひっちゃかめっちゃかです。頭でっかちにすればなんとかなる!的な考えとしか言いようがありません。パワープレーってのはこういうのを言うのではないと思います。自信がないとかそういうことではないです。誰が見たってこんなんで点が取れるわけありません。やっている選手は必死すぎて何も見えてないと思います。誰一人として冷静だった人がいないということです。あれも試した、これも試した、でもなんで?!ってことで頭がいっぱい。

少なくとも、ここまでチームが壊れてしまったのは今までみたことがありません。
これを桑原の残した負の遺産だと言う人は誰もいないでしょう。これはフロントが今までひた隠しにしてきたすべてだと思います。


両サイドをつとめた宏太と山ちゃんのコメントを勝手に総合すると

(桑原時代とは)システムも狙いも違うサッカーをやろうと試合直前に言われた。攻撃的な3人を前に置いて、後ろの7人はしっかりブロックをつくり、相手のパスコースを限定するだけでいいと監督からは言われていました。受け身に立たず、自分たちからアクションを起こしていこうと選手間で話し合い臨みました。
(監督には守備のことよりも)とにかく前に出て行けと言われましたが、一人でサイドを突破するのはきつかった。自分が(山ちゃん)CKを蹴ってこぼれ球を奪われて、ダッシュしてスライディングで奪い返しに行ったときは、結構必死だった。

だいたいこんな感じだと思うのです。コメントしているのを一言一句聞いていたわけではないから推測ですけど、大きくは間違えてないかと。


木村さんって人はS級は一応持っているらしいです。でもこの試合って例えてみると

ペーパードライバーなんだけど、車は意外と頑丈だし、性能もまずまずだからちゃんと運転できるはずだったのに、途中で制御不能になって事故っちゃった

ってことでしょ。所詮、クラブハウスから、ベンチから、観客席から選手を見てきた「ゴールド免許」監督にまっとうな運転は不可なのではないでしょうかね?

それだけでも各パーツが自助努力してかろうじてつなぎあわせているのに、まとめるどころかバラしている。
それがこの試合のすべてです。

ゲームをする上で自信なさげにやっているような感じがしますね。自分たちの方から流れを切ってしまう感じもありますし。逆に自分たちがこういう順位にいるはずがない、っていうプライドも捨てないといけないのかも。
もう一度単純に相手に走り勝つとか、球際で気持ちを出すとか、っていうところからやっていかないと何も変わらない一人一人が頑張っているかもしれないけど、チームとしての頑張りが足りていない。ボールを持った時には頑張るけど、っていう感じですからね。そういうところからやっていかないと、何をやってもこの結果になってしまう。もう少し『戦う』ところを考えていかないといけない。

佑二の試合後コメントをほぼ全文載せてみました。わかっているのならベテランからその姿勢を態度で、口で若手に示してやってください。

フロントは次に負けたら総退陣ぐらいの気持ちでいるんでしょうか?

どこへゆく、マリノス。

続きを読む»

26発と共に

【マリノスvsアルビレックス新潟】

昨日の試合は見ていないので何も言うことはありませんが

26発と共に、桑原さんさようなら。

どうやら、プレスリリースより先にブログで発表しちゃったみたいですね。

ダメです、そんなの。会社の管理能力ゼロすぎます。

まっ、今更そんなのどうでもいいとみなさんおっしゃるでしょうが…

でもそういうところで、会社のありかたとか、チームのありかたが見えてしまう気がします。


えっ、カタイですか?


別に私は桑原養護はしませんよ。

でもピッチで闘う選手のあり方がこのところ気に入らないんです。

必死さが見えるのって限られた選手だけだから。

後任は木村さんねぇ…

『私が辞める事がそのきっかけになればと思います。
選手は本当に勝利を諦めずに良く闘ってくれました。
しかし現場以外の所で一枚岩になれなかった。』

最後の抵抗か…。

選手はどう受け止める?フロントは何を感じる?

岡ちゃん辞めてから、前社長辞めてから、この空気は全く改善されていないと思ってるよ。

つまらんチームに成り下がり続けるか?


仲間とはちゃんとぶつかりあっているのか?

【マリノスvs川崎フロンターレ】

「LOVE等々力」なうちらにとってフロンとの試合は楽しみのひとつでありますが、チーム状況はそうもいきません。
そりゃもお、相手がどことか、監督がどうとか、戦術がどうとか…って問題でごちゃごちゃ言うのはナンセンス。

選手ら、やる気あるんか?

爆弾発言かたじけなし。
とは言っても試合前からゴール裏のみなさんは、ゴールのためのチャントを練習し、ウォーミングアップのシュート練習で選手を煽り…よっぽどピッチの上の選手なんかよりまとまってたな。それはゴール裏の人間じゃなくても通ずるほどの久々に心にくる盛り立てぶりだったよ。意思疎通の見えないチームとは正反対、チームに点を!というひとつの場所に向かって突き進んでるゴール裏に答えるすべはないのか?

攻めなくては、という意識が強すぎた前半。
ともかくサイドから中へ、サイドから、サイドから…と思う余り真ん中スッカスカ。それを埋めようとオオシやロニーが下がり、逆に中盤の山瀬、ジロー、兵頭あたりはサイドの前目ばかりに顔を出す。中盤と河合、マツ、佑二の距離が出てしまって川崎は真ん中で獲たボールをガラガラのサイドにまわし、我那覇、谷口、ジュニーニョに矢継ぎ早に攻撃をうける。
1点目の失点はまさにサイドに真ん中にフリーな選手オンパレードで決まったな、と。

ボールを持っていても、持っている者の展開というのがさっぱりできず、つなげることに終始して誰一人として前を向かない攻撃陣。つっかけてもいい、外れてもいい、効率的なやり方じゃなくていい。誰かが口火をきらなければ始まらないのに。

うちらがあ~あ~言って頭を抱えている時に、後ろにいた小学生が

「こういうのを決定力不足、っていうんですね」

とバッサリ、かつ冷静に言ってのけたあたり、ジタバタしているこちらが気恥ずかしく、そして思わず2人して振り返り

「そのとおり!!」と絶賛。

「決定力の不足」というのは

・撃てども、撃てども決まらない
・ちっともシュートまでいたらない

と、大まかに分けると(大まかすぎ?)この2つかと思うけど、ウチはがぜん後者なわけですよ。より良く、確実に、焦らずに…そう思うゆえに本当にいい時ってのを逃してる。


この試合であまりに華麗な1発を決めた山瀬兄。川島くんも一歩も動けなかった、うちらが見ていた席の周辺があまりの出来事に唖然とした。そして何よりも、ピッチにいた選手達も喜ぶまでに間があった。そのぐらい今の我がチームには

ゴールは貴重品

だけど本心を言えばFKより流れでのゴールがほしかった。


話はガンガン飛びますが、後半10分過ぎ?早々にロニーを坂田に変えた。
坂田は目の前で前半からずっとUPをし続けていたし、後半頭からでよかったと思ったぐらい。この交代でボールの動きも、選手の流れもガゼンよくなったわけ。
そこで思うのが、ロニー、ロペス。この2人の起用法は絶対に考え直すべき。過去の実績にとらわれることなく、そして連れ来てたチーム、監督のメンツに関係なく、合っていないならさっさと下げるべき。手放せとか切れと言っているわけではない。この2人のために本来発揮できる能力を生かせない選手いることに気が付くべき。

日本のサッカーは外国人に合わせすぎる時があり、そのために日本人の特性を無駄にしてしまうことが多々ある。オオシしかり、山瀬兄しかり。オオシは去年日本人トップの点を取っているんだよ、山瀬だってもっともっと点にからんでるんだよ。

とまぁ、河合へのイエロー2枚はイタイおまけだったけど全体的にラフだったのはウチのチームなので仕方がないといっておくか。河合のせいで試合が壊れたわけではないので負けるべくして負けたのです。引き分けでも誰一人納得できない現状だから。


案の定、翌日からは「監督解任」の言葉が踊っております。
フロントは無能ですし、もちろん監督養護はしません。そんなところにケチつけたって意味がない。どんな時もピッチに立つのは選手であって監督ではないのだから。

コミュニケーションできてますか?
ただの仲良しクラブになってませんか?
ホンネでぶつかり合ってますか?

焦るのではなく、こういう時だからこそひとつひとつ確認してほしい。やり方は間違えてない?分かった気になってない?

いよいよ下が見えてきましたが、まだまだ上も見えるのです。
点が取れないと嘆く前に「オレが決めてやる」とシュートをうつ選手、残り5分をきっちり収めたいならば90分間闘える集中力。まだまだひたむきに・闘志を燃やすことはできるのはずです。

新潟戦、朗報を待つこととしましょう。

続きを読む»

15年J1順位表


15年スケジュール

【1stステージ】
3/7(土)H川崎
3/14(土)A東京
3/18(水)A仙台(YNC)
3/22(日)HN鳥栖
3/28(土)HN清水(YNC)
4/4(土)A柏
4/12(日)H仙台
4/18(土)A浦和
4/22(火)A名古屋(YNC)
4/25(土)H湘南
4/29(水祝)H広島
5/2(土)A山形
5/6(水祝)H名古屋
5/10(土)H新潟
5/16(土)A清水
5/20(水)HN神戸(YNC)
5/23(土)A松本
5/27(水)HN川崎(YNC)
6/3(水)A山形(YNC)
6/7(日)A甲府
6/20(土)H鹿島

【2ndステージ】
7/11(土)AC大阪
7/15(水)HN柏
7/19(日)AG大阪
7/25(土)A広島
8/12(土)A名古屋
8/16(日)H甲府
8/22(土)A鳥栖
8/29(土)H浦和
(※8/30)
9/2(水)YNC準々決
9/6(日)YNC準々決
9/12(土)A新潟
9/19(土)H東京
9/26(土)A湘南
10/3(土)A仙台
10/7(水)YNC準決
10/11(日)YNC準決
10/17(土)H神戸
10/24(土)A川崎
10/31(土)YNC決勝
11/7(土)A鹿島
(※10/28or11/1)
11/22(土)H松本
11/29(土)H新潟
12/6(土)A東京

H ホーム
HN ホームニッパツ
A アウェー
※日程変更アリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
15年選手

0 マリノス君
1 榎本哲也
2 天野貴史
3 松田直樹
4 栗原勇蔵
5 ファビオ
6 三門雄大
7 兵藤慎剛
8 中町公祐
9 矢島卓郎
10 中村俊輔
11 齋藤 学
13 小林祐三
14 熊谷アンドリュー
15 比嘉祐介
16 伊藤翔
17 端戸仁
18 ラフィーニャ
19 仲川輝人
20 佐藤優平
21 飯倉大樹
22 中澤佑二
23 下平匠
24 奈良輪雄太
25 藤本淳吾
26 中島賢星
27 富澤清太郎
28 喜田拓也
29 天野純
30 田口潤人
31 鈴木椋大
33 北谷史孝
39 アデミウソン
40 和田昌士(Y)

監督 モンバエルツ

(修行中)
松本翔(山口)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー
06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
お気に入りリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
管理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。