スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

始めも良くて、終わりは大勝!!

【マリノスVS浦和レッズ】

2008年最終戦。今年のリーグ戦はこのチームに始まり、このチームに終わります。
コミーの劇的ゴールに「一瞬」1年分の夢を見てしまったのですが…それはやっぱり夢でした!でも、最後の試合は落としてはいけません。この試合は元旦へのウォーミングアップなのですから!!

レッズはレッズで良くない流れを抱えていて、チームも会場内のサポもあまり雰囲気は良くありません。去年のウチがそうだったようにひとつの不信がたくさんの不信、不振、腐心を呼んでしまうのです。

決してウチのチームがいいわけではありません。監督がダメでも、成績がダメでも…サポ・ファンは選手を見捨てません。ダメな時にはブーイングを、たとえ結果が付いてこなくても頑張ったときには拍手を、不甲斐ないプレーにはブーイングと叱咤を。そんなふうにこの2年を過ごしてきています。

勝てなくなる苦しみや使われないもどかしさ…まだまだ抱えるものは沢山ありますが、この青と赤の一戦は手抜きはできません!ガッツリ行きましょう。

リーグ戦 最後のスタメン

       哲

  勇蔵  松  佑二

隼磨  河合  アーリア  コミー

     学   兵藤

      坂田

sub
飯倉、クナン、裕介、小椋、宏太、ジロー、オオシ


開幕と比べ、4バックが3バックになり、2トップが1トップになり、スタメンから外国人が消え、自力でスタメンを勝ち取った者もいます。


この試合は盛りだくさん過ぎていつも以上に長くなるのを止めるにはこの方法しかありません。


得点シーンだけを振り返るっ!


1点目 兵藤PK。

ペナルティエリア内に入ったら何が何でもシュートを打たなくてはいけない…そんなことがなかなか身につかなかったチームですが、最近で一番苦労したのは兵藤でしょう。打てども打てどもバーやらセーブやらにあい、ときにはあさっての方向に行ってしまう。この時はうまくPKを取りました。

でも!そんな時に肝心のキッカーがいない…若手衆はほんの少し迷います。こんな時に我先に!ってデカイこと言ってしまう若いのが出てこないのが少し寂しくもありますが、遠慮がちな彼等に

松田先生はすかさず「おまえらで蹴れ!(聞こえませんでしたがたぶん「兵藤いけ!」って言ったと)」

とこちらを頼るなとばかりに身振りで促しました。
あんなに頼りなく思った兵藤ですが、日に日に成長してますね。来年、ここのポジション争いは熾烈です。さらなる飛躍を!


2点目、5点目。河合!不意をついたミドルシュート、空気の読めなかった鋭角シュート。

今年のウチが一番苦しめられたパターン…キックオフ直後のもたつきで失点。それを逆にやってのけた一瞬でした。

ミドルはかつては良治(上野)さんのオハコでした。この数年、混乱やCKからのトリックプレーでペナルティーエリア外からのミドルがぐんと減っていたのですけど、このシュートはとどめの一撃に匹敵するいいシュートでした。

とんでしまいますが5点目。ジローとの!(笑)ワンツーから右へ張り出しGKと1対1。でもかなり角度がなく、さらにオオシを含めて3人ぐらい詰めてきていて、どうみてもパス選択がベスト…と思ったのにシュートしちゃった(苦笑)ポストをかすめ入ったゴール。いや~ど真ん中にオオシが詰めてるのに、空気読めてないなぁ。。。(苦笑)

でも今年、河合はキャプテンに就任したものの、合宿直後から腰痛などで開幕は飾れず。苦しい1年だったと思います。最後に快心の2発!おめでとう。


3点目、4点目。コミー!!
開幕での一撃で華々しいデビューを飾り、その後の紆余曲折…がんばりました。


この数試合、スタメンを外されたり、ベンチを温めて終わったり、途中出場したり、右サイドやったり…苦しいこともあったと思うけど、でもそれを上回る活躍も沢山ありました。松にも練習から試合中まで怒鳴られたり、お呼び出しくらったり(笑)でも左サイドを駆け上がる姿は本当に頼もしくなりました。

小宮山ゾーンを確立した?この2発。3点目は学のパスにいい形で反応し、DFをかわして右隅にシュート。10月ぐらいから元気が無く、千葉戦でのってきた!と思った後半(得点後)に交代。正直もう少し見たかったなと思っていたのですが、思い切りの良さはキープしてましたね。

そして4点目。これまた左サイドにいたジローからパスを受けてドリブル&シュート。相手DFの寄せも少なく余裕を持ってコースを狙ってましたね。また右上隅にゴール!

左サイドに小宮山アリと言われる日を目指して頑張ってもらいたいです。本当は裕介との左サイドコンビっていうのが私の希望ですがね。


そして、大トリ6点目。

大島秀夫

ギックリ腰からホーム最終戦は出場出来ずでした。たった1週間で治っているとは思えないのだけど途中出場。久々にオオシの献身的なポストプレーや、反転シュートを見ました。来年いないかと思うと切ない…。

出てきてからの大半のコールは大島コールで、誰もがオオシの得点を願ってました。上げるボールは全部オオシへ!!それが結実…コミー→ジローとつながったボールはDF2人をふりほどいたオオシに丁寧に丁寧に上げられました。

誰がアシストしてもいい、そう思っていたけれどまさか、まさか、大の仲良し・ジローとなるとは(感涙)あまりに劇的すぎて涙もんでした(思い出しても泣ける…)

…あと1年。あと1年でいいからオオシを残してほしかった。そう思えるプレーの連続。この数年で来たどんな外国人よりもチームにフィットして、身体を張ってきたじゃないか!と思うのは私だけではないはず。

ありがとう、オオシ。共に元旦、国立まで!!

08urawa  08urawa2


6-1! リーグ最終戦は大花火大会でした!!ヨッシャ☆☆☆

続きを読む»

スポンサーサイト

いざ、リベンジ!

【マリノスvs東京ヴェルディ】

ホーム最終戦。先週で危機的状況を脱し、笑顔で終えたい試合。

5月。それはそれは屈辱的!?なやられ方をしたわけです。振り返ればこのときから「なんかおかしい」が始まったような気もしないではないですが…。

愛すべき那須くんはヴェルディのセンターバックとなり闘将の証しの背番号5を背負う選手。そしてこの日、ゴール前に大きく立ちはだかっていたわけです。

あれから7ヶ月。気が付けばジェフに続いてヴェルディも崖っぷち。ヴェルディにはそれなりの思い入れがあるので、どうか助かってもらいたいという気持ちもあるのです。


この日は、センター松、右に勇蔵、左に佑二。
佑二の復帰は思っているよりも早かったのでいささか心配。そして勇蔵はジェフ戦で手の甲を骨折。なぜか両手に白いものが見えたけど、報道では片手。大丈夫か?

対するヴェルディFWは大黒の1topぎみに飯尾と平本が両サイドにつく形。5月はフッキ、ディエゴ、レアンドロの3人に振り回されたのですが、それに比べるとどうしても見劣りします。

そもそも、日本の上位チームには絶対的な外国人FWがいて、その選手が溜めも作れるし、ポストプレーもする。そしてその周りを日本人FWや2列目、3列目が補って得点を稼いでいるのです。ヴェルディで言えばそれがフッキ、うちで言うと…そんな外国人は存在せず(自滅)、その結果が今の順位なわけです。

前半はジェフ戦同様締まっていそうで締まっていないような両チーム。決定機らしきものはウチのチームが若干作れていましたが、相変わらずツメが甘い。でもそれ以上にヴェルディは攻撃の手法が見えてこないというか…もしかするとナイのではないかと思いました。だからやっぱりDF陣が目立ってしまうのですね。

伝統の一戦と呼ばれたのは過去のこと。そういえば国立でG裏サポがおかしな事を言ったっけ「Jリーグ開幕戦のカードとかクラシコとか伝統とか関係なく勝とうぜ~ 開幕したときオレはここに居なかった~~ぁ(周り失笑)」 そうだよなぁ…君たちはまだいいとこ小学生ぐらいかね。。。でもその時に比べるとレベルは上がったのかもしれないけれど、気合いは落ちてる気がするよ。

前半に得点はできなかったものの、負ける気配は全くなかったこの試合。目覚めはこの方の一発

松田直樹

後半早々からチョロチョロ前に出る姿があったのですが、攻撃陣が両サイドに開き、それにつられてヴェルディDFがドン引き。左サイドの選手(不明)が3人ぐらい引き連れていたので真ん中がぽっかり空いていたのもラッキー。そのまま微妙な(苦笑)ドリブルをしてシュートを打つ…フリして打ったのはループ。対峙した那須くんは抜かれると思ったのでしょうね。キレイに頭の上をボールが抜けていき、そのままゴール。中村俊輔ばりの芸術的シュートの軌道に思わず立ち後れたぐらいでした。

そこからは那須くんが気の毒に思えるぐらい両サイドからの展開に目覚めた我がチーム。後方からきたボールを隼磨が、那須くんをぶち抜いた健太が…次々とシュートが打てるように。(あっ、でもクナンはまた外してた!)裕介のセンタリングも、病み上がりの佑二のDFも、哲の横っ飛びも…後方の方々も頑張る頑張る。

特に、後半30分あたりヴェルディが攻撃陣を追加してきたあたりが危険時間帯だった。ノンビ(広山…まだこう呼ばれてるかな?)は相変わらず危険だったな。小技がウマイっていうか、頭がいいやり方というか。投入してすぐに右サイドがすごく活性化されてたし。たぶん、大黒と一番あっているんじゃないかと?!

ロスタイム4分、と表示された掲示を上げる準備が始まったころから敵陣サイドでのボールキープが始まった。(これ、誰だったか忘れちゃったのよね~でも相当がんばってキープしてたんだよ)すでにボールキープできる坂田、ジローは投入済み。最後の最後でなんとアーリアかい!と思った交代だったけど、この方が最後のだめ押しをすることになる。 

左サイドで頑張ってキープしていたものの、3人4人と囲まれ始め、土屋だったか、富澤だったかがクリアしたボールの先にいたのがアーリアだった。いや~、そんなこともできるのね!っていう微妙なフェイントでDFをかわし、GKと1対1もうまく右隅へ。リーグ初ゴールがホーム最終戦。おめでとう♪


はたまた個人的ですが、このゴールを見送った那須くんのガックリうなだれる姿がどうにもこうにも切ないです。パワープレーになっていたから仕方がないけど、ヴェルディのDFの連携はちょっと切なすぎ。ん~これからこの状況を盛り上げて行かなくてはならないってのが彼の使命なのでしょうが…。特に富澤は致命的かも。

そんなことを思いつつ…

2-0 で連勝!この波を大事にしたいです。

続きを読む»

残留ダービー

一週あけてまた千葉へ。今度は海側。
フクアリへは遠い遠い道のりです。

3年前は「こけら落としクラッシャー」のマリノスが快勝、ジェフがっかり。一昨年は「大ちゃん(奥)の首切り」で感傷的になったうちのサポが迷惑かけました。昨年はオシム氏の脳梗塞でジェフがちょっと感傷的でした。そして今年は…

残留争い のために両チームとも感傷的です(没)

右見ても左見ても「残留」段幕…でも確実にジェフサポは増えています。
初めて知ったんですけど、ジェフの黄色は別名「菜の花色」なんですね。シーズン終了の時期なのでセールもやっていてみなさん沢山グッズを買ってました。

さて、2年前からバックスタンドエリア自由で見ているのですが、ここも前と違ってずいぶんと菜の花色に染まってまいりました。気が付けばトリコロールは数えるほどしかいないし!

Aゴール裏の恒例決起体操?をながめ、恒例のカレーを昼食にいただきまして観戦体勢に入ろうとした時です。「あのぉ~~」とマリユニを着かけた男の子に声を掛けられました。なんとっ!去年、うちらの前の席にいた子です!去年はマリユニを着ようか迷っていたのを「着なさい!!大丈夫っ!!」と言って着させたのですが「今年は着てますよ!!もう大丈夫っす!!」と堂々と着用。(今年はウチらの後ろに陣取っていて)「ちゃんとガードしますんで!!絶対勝ちましょう!!」と息巻いてくれました(笑)そんな彼のお友達は最初から最後までオールスタンディングでジェフのサポソン歌いまくってましたが…。

太陽も落ちかかって、キックオフ。日があるときは適度に暖かかったのですが、落ちるとめっきり寒くなりました。でもそれ以上にお寒かったのは試合です…

これ、見ていたらぜぇぇぇぇぇぇぇ~~~~~~~~~ったい書きたかったのですが、天皇杯浦和戦。TVナシの完全ネット情報だけに振り回されてヤキモキしたのですが、PK戦の末勝ちました!!

と、その時のスタメンそのままでのスタートです。しかしです、どう見ても「どうしてこれで開始早々2得点もしたんだ???」的な展開。カットはできないし、前にも収まらない、サイドは狙われっぱなし。やっとの思いでセンタリングしてもゴール前には選手がいない…。

ジェフは懸念していた深井やら谷澤にサイドからガンガン展開されてDF3人大忙し。ボランチも非常によくボールカット→展開、していてこちらとしては危ないこと極まりなし。

そんなお寒い試合内容のまま前半終了。0-0で折り返せたのを幸運と思うしかない…残留争い。


後半。選手交代もなく淡々と試合が始まる。

修正ポイントとしてはクナン、兵藤、健太のポジション関係だと?!全体的に間延びしていたのがコンパクトになった感じ。

そしてクナンはこの形になってポストプレーらしきものが(苦笑)形になってきた。兵藤、健太、はたまたボランチ2人からのボールを的確に受け、つなぐor反転する、という形が見えてきた。このときちょっとだけTVに映っていた天皇杯・浦和戦の1点目の形が見えた気がした。


時間にして後半早い時間、右サイドに流れていたクナンから中に入った隼磨へクロス、隼磨がジェフDFと競って兵藤にボールが流れゴール♪前半の冷え切り・お寒い試合展開をこの1点で動かすことになる。

リスタート直後、左で隼磨がボールを持って駆け上がりセンタリングを上げるフリをして逆サイド・コミーへ…つーかできるんだね、君たち。久々に見たきれいな?!サイドチェンジ。目の前でボールを持ったコミーが中に斬り込んで行く…これもフリだった(笑)DFをかわして打ったボールはゴール右隅へ。いや~これはホント心打たれました!!すごくきれいな軌道だった。

この2点でかなり身体が温まって(選手じゃなく私が!)盛り上がってまいりました。なので、どっちが先だったか忘れてしまったのですが、私的に兵藤、コミーときたら健太に決めてもらいたいなぁと思っていたのです。

後半は逆サイドにいるのであんまり近くでみられないのですが、(記憶が確かならば)クナンのポストプレーを受けたフリーの健太が飛び出したGKの頭を越えるループを打ったのです。残念ながらこれはポスト左隅に当たってしまったのですけど、あれが決まっていたら完璧だった(私の中での試合構想が)。

と、話がずれましたけど3点目クナン。DFだけあってこれまでに1対1を外すシーンをすごく見ているので(この日も外したし!)兵藤からのクロスをうまく入れてくれてホッ。

この3点が入ったあたりでジェフは外国人2人をいれて急に右サイドのボール展開がよくなった。なんで始めからこの2人を使わない?と思えるぐらいいいコンビだったのだけど、怪我とかあったのだろうか??

攻め込まれること数回、でも敵陣コーナーでボールキープをし時間稼ぎをしたりもきちんと出来ていた点はOKでしょう。

0-3 快勝

続きを読む»

15年J1順位表


15年スケジュール

【1stステージ】
3/7(土)H川崎
3/14(土)A東京
3/18(水)A仙台(YNC)
3/22(日)HN鳥栖
3/28(土)HN清水(YNC)
4/4(土)A柏
4/12(日)H仙台
4/18(土)A浦和
4/22(火)A名古屋(YNC)
4/25(土)H湘南
4/29(水祝)H広島
5/2(土)A山形
5/6(水祝)H名古屋
5/10(土)H新潟
5/16(土)A清水
5/20(水)HN神戸(YNC)
5/23(土)A松本
5/27(水)HN川崎(YNC)
6/3(水)A山形(YNC)
6/7(日)A甲府
6/20(土)H鹿島

【2ndステージ】
7/11(土)AC大阪
7/15(水)HN柏
7/19(日)AG大阪
7/25(土)A広島
8/12(土)A名古屋
8/16(日)H甲府
8/22(土)A鳥栖
8/29(土)H浦和
(※8/30)
9/2(水)YNC準々決
9/6(日)YNC準々決
9/12(土)A新潟
9/19(土)H東京
9/26(土)A湘南
10/3(土)A仙台
10/7(水)YNC準決
10/11(日)YNC準決
10/17(土)H神戸
10/24(土)A川崎
10/31(土)YNC決勝
11/7(土)A鹿島
(※10/28or11/1)
11/22(土)H松本
11/29(土)H新潟
12/6(土)A東京

H ホーム
HN ホームニッパツ
A アウェー
※日程変更アリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
15年選手

0 マリノス君
1 榎本哲也
2 天野貴史
3 松田直樹
4 栗原勇蔵
5 ファビオ
6 三門雄大
7 兵藤慎剛
8 中町公祐
9 矢島卓郎
10 中村俊輔
11 齋藤 学
13 小林祐三
14 熊谷アンドリュー
15 比嘉祐介
16 伊藤翔
17 端戸仁
18 ラフィーニャ
19 仲川輝人
20 佐藤優平
21 飯倉大樹
22 中澤佑二
23 下平匠
24 奈良輪雄太
25 藤本淳吾
26 中島賢星
27 富澤清太郎
28 喜田拓也
29 天野純
30 田口潤人
31 鈴木椋大
33 北谷史孝
39 アデミウソン
40 和田昌士(Y)

監督 モンバエルツ

(修行中)
松本翔(山口)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー
11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
お気に入りリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
管理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。