スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア杯 最終回

終わっちゃいましたね~アジア杯。
まだ、この話続くの?と思った方スミマセン。これ、最終回です。
手短に??行こう~っ!

決勝戦で見たかった日韓戦、でも3位決定戦。
若手を使うことを示唆したという記事を見たから、どうなのかなぁ?と思ったら
巻に代わり山岸…えっ、また使うの??これはガッカリな。
個人的な問題で、ジーコの時のチーム鹿はどうであれ許せなかったのですが
なぜかチーム千葉はまっ、いいか。とどっかで思っている時があり
これまで見逃してましたが、このときばかりはちょっと。だって相手は韓国だし。

韓国にもいい選手はたくさんいますが、やはり好きになることはないチームでして
てか、代表チームってクラブチームと全然違うから魅力的に思っても、
好きにはならないね。普通!?
で、やるからには勝っていただくことが前提なのですよ。

だけど、タカ1TOPってかわいそすぎるでしょう。
負けちゃいけない試合だってわかってるんだから陣形は変えない方が
よかったんではないかね??と思ったら、やっぱりそうだった。
山岸、加地がまるで没。山岸がダメってことは駒野も上がれずダメ。
加地がダメってことは俊輔が孤立。
1TOPだったからヤットが後ろ目で、俊輔との連携が乏しく。

救いは同じぐらい韓国もダメだったということです。もうそれだけ。
試合としては延長戦に入った段階で日本は気持ちで負けてたのですよ。
自分がやってやろう!という気負っている選手がいなかった。

それでも、相手が10人になったら勝たなきゃいけない。
前にも書いたけど、代表見ているとダメマリノスと同じ時がある。
(え、比べるなっ?いや、同じだよ)
今回はまさにそのパターン。あの俊輔が途中で我を失った時があったし。

ただ一つ、勝つ方法があったとしたならば
韓国と同じ手法を使うことだったのではないかと思う。
アジアンフットボール。基本的に守って固めてカウンター。
10人になった韓国はそうせざるをえなかっただけなのかもしれないけど
日本にも実はこの手があったと思う。だけど、じいさんは使わなかった。
ボールを入れたら何が起こるかわからない…と過去のW杯予選で
井原が言ったことがある。
だけど最後までその場面がなかった。その方法を選択しなかった。

俊輔が「パスが回せるようになった」「形はできてきている」と
何回かコメントしている。初めはその意味がわからなかった。
「なんで~、マリノスのダメパス回しと一緒じゃん」と思っていた。
けど、この試合で「実はちょっと違うのかも」と思うようになった。
じいさんのコメントでは「選手に共通のアイデアを持たせ、同じように
パスをつなぎ、サッカーをさせることはある程度訓練すればできる。
その先は個人で解決しなければいけない。」と言ってる。
耳たこなセリフで、今までの監督たちも、Jリーグでも言われてることだけど
今の日本のレベルは共通のアイディアとパスと訓練しかできていないレベルで
それとは違うレベルでやっている俊輔やタカはそれがどんなものか
身をもって体験してるので「パスが回せること」「形はできてきていること」
を最低限の収穫(というか確認)とし、残りが足りない、
スキルアップの部分だと言いたくて、そのレベルに挑まなければ
いつまでたってもアジアンフットボールのままなのだ
と言いたかったのではないかと思う。

確かに結果にはがっかりだけど、これを糧にしてやっていける選手が
今回のメンバーの中に少しでも多くいることを願うしかないのだと思う。



PK戦。

延長になった時点で日本は気持ちで負けていたのだけど
でもここまできたら「死んでも勝たなくては」と思わずにはいられなかった。
「これを糧にして…」と書いたけど、選手にとって結果はすべてだ。
1年前の佑二はW杯のあと、本当にひどかった。
そういう思いをしてほしくはなかった。完全な実力差の違いで負けてもそうなのに
PKは失敗した1人に一番重い結果を科すから。
だから絶対に負けてはいけなかった、勝たなきゃいけなかった。

6人目の羽生。オシムの申し子の一人。
6人目に指名したのもじいさんだったらしい。
悪いキックではなかった。GKがよかっただけなんだけど。
羽生の姿は象徴的でつらかった。
こういう姿を見るのだけは、どんな試合であっても辛く哀しい。
羽生はどういう性格か知らないけど、彼のサッカー史の中で
忘れられない1蹴りになり、この結果が今後の選手生活に
どう影響していくのか、ちょっと心配。



でもすべての選手がこの借りを返すべく一生懸命やってくれるだろうし
チームにも伝えてくれるだろうし、楽しみにしたいと思います。

そろそろね~、週末にやることがない生活に飽きてきたのです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

15年J1順位表


15年スケジュール

【1stステージ】
3/7(土)H川崎
3/14(土)A東京
3/18(水)A仙台(YNC)
3/22(日)HN鳥栖
3/28(土)HN清水(YNC)
4/4(土)A柏
4/12(日)H仙台
4/18(土)A浦和
4/22(火)A名古屋(YNC)
4/25(土)H湘南
4/29(水祝)H広島
5/2(土)A山形
5/6(水祝)H名古屋
5/10(土)H新潟
5/16(土)A清水
5/20(水)HN神戸(YNC)
5/23(土)A松本
5/27(水)HN川崎(YNC)
6/3(水)A山形(YNC)
6/7(日)A甲府
6/20(土)H鹿島

【2ndステージ】
7/11(土)AC大阪
7/15(水)HN柏
7/19(日)AG大阪
7/25(土)A広島
8/12(土)A名古屋
8/16(日)H甲府
8/22(土)A鳥栖
8/29(土)H浦和
(※8/30)
9/2(水)YNC準々決
9/6(日)YNC準々決
9/12(土)A新潟
9/19(土)H東京
9/26(土)A湘南
10/3(土)A仙台
10/7(水)YNC準決
10/11(日)YNC準決
10/17(土)H神戸
10/24(土)A川崎
10/31(土)YNC決勝
11/7(土)A鹿島
(※10/28or11/1)
11/22(土)H松本
11/29(土)H新潟
12/6(土)A東京

H ホーム
HN ホームニッパツ
A アウェー
※日程変更アリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
15年選手

0 マリノス君
1 榎本哲也
2 天野貴史
3 松田直樹
4 栗原勇蔵
5 ファビオ
6 三門雄大
7 兵藤慎剛
8 中町公祐
9 矢島卓郎
10 中村俊輔
11 齋藤 学
13 小林祐三
14 熊谷アンドリュー
15 比嘉祐介
16 伊藤翔
17 端戸仁
18 ラフィーニャ
19 仲川輝人
20 佐藤優平
21 飯倉大樹
22 中澤佑二
23 下平匠
24 奈良輪雄太
25 藤本淳吾
26 中島賢星
27 富澤清太郎
28 喜田拓也
29 天野純
30 田口潤人
31 鈴木椋大
33 北谷史孝
39 アデミウソン
40 和田昌士(Y)

監督 モンバエルツ

(修行中)
松本翔(山口)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お気に入りリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
管理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。