スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悔しさ余って憎さ1000倍

【マリノスvs浦和レッズ】

もう悔しいとしか言いようがない、それしかない。
書くのも悔しい、言うのも悔しい、もちろん見ていても悔しかったわけで。

ちくしょぉーーーーーーー!!!


この1日、気に入らなかったこと。

いつもはバックスタンドアウェー寄りはホーム自由席なのに、
この試合だけアウェーの自由席にしたこと。


行きに2回もサンダルを踏まれたこと

並んでいるときに、隣のおばちゃんが携帯を鳴らしっ放しでうるさかったこと。

競技場の外でやっている屋台でタイラーメンとグリーンカレーを頼んだとき
ラーメンの「パクチー抜き」を頼んだら、店員が誰一人パクチーをわからなかったこと。
グリーンカレーはおそらくココナッツミルクを使ってないこと。

3列くらい前の子供とおっさんがデカフラッグ振りまくって後ろが迷惑してたこと。

帰りの居酒屋のお兄ちゃんがまともな接客と注文取りができなかったこと

帰りの電車で私の隣に並んでいた姉ちゃんがガッツリ寝ていて、
寄りかかってきたのでちょっと手を動かしたら、それを逆恨みしたかのように、
電車を降りるときに突き飛ばされたこと。

そして…

hamatraに早野に土下座しに行こうという企画が載っていたこと。
タイミングはナビスコの準決を勝ち抜けたら、ということだけど、
個人的には、早まらないほうがいいと思う。このレッズ戦の負けがそう思わせている。
私はゴール裏の人間ではなくなっているので、別に彼らの行動を
批判するわけではないのだけどね。


8.11以来の大観客が見込まれるレッズ戦。
前売りは前日までに37000人とHPに表示されていた。
たいしたことないな、と思った。
なのにだ!それまでホーム自由席にしていたバックスタンドアウェー寄りの席を
アウェー自由席にしてしまった。

フロント、アホか!!

ホーム試合である。ホーム!!!

ちゃんとチームのことを考えるのならばあの席は

ホーム自由席

にしなくてはならない。
ちなみに、8.11の前売りは前日までに57000枚に及んだと公表していた。
でも実際の入場は約54000人。消えた3000枚。
少なくとも3000枚以上タダ券ばらまいたってことになる。
それだけでもみっともないと思ってたのに。

今回の試合はBSでの放送があった。
私が広報だったら、アウェー自由のチケットがホームより大量に売れていたらば
2F席一部をアウェーの自由席として拡大し、
1Fの自由は今までどおりとしただろう。
TVに一番映るのはバックスタンド1F席だからだ。
確かに最近のサポの一部は2Fゴール裏にも入るようになってきた。
でも残念ながらそこはTVには映らない。
ましてやバックスタンド中央の指定席にもレッズサポが入るのだから
少しでも青が目立つようにするには両サイドをホーム席にすること、
それはよい宣伝効果をもたらしたはずである。
閑古鳥の鳴いているスタジアムには人は行こうとは思わないだろうし、
自分のチームを応援している観客が近くにいるかいないかは
選手のモチベーションも左右する。

レッズサポはこの競技場の音響を考えて2Fに大挙しているので
1Fアウェーゴール裏にはかなりの空席が見られた。

たとえ現実的でなかったとしても、

見栄だったとしても、

全然バックスタンド自由席を

譲る必要などなかったのだ。


それからもうひとつ言わせていただけば、8.11までバクスタ自由席に
選手が挨拶に行くことはなかった。
ダービーのあとのホーム広島戦では大半の選手が
いつものバクスタホームに足を向けていたところを
佑二が全選手を促がして、初めて挨拶に来た。
疲れている選手にとっては遠回りしなくてはならないから
しんどいかもしれない。
でも、こういうことはちゃんとフロントが、チームが
指示していかなくてはならないことだ。

8.11が終わってしまったらいつものチーム。

それじゃ意味ないでしょうが。


本日の本題を読んでもいいよ、というかたはREAD MORE・・・へどうぞ →→→
さて、あまりに憎たらしいのでどっちの内容をメインにするか
迷った末にこっちが裏になりました。
長いですがよろしければどうぞ。



先日、友達にこう聞かれた

岡田の時の守って勝つマリノスと、今の攻めて勝つマリノスはどちらが好きか?

と。答えに困った。どちらも一長一短なのだから、どちらにも
軍配は上げられない。
でもそのときに思ったことは、目指すは良いとこ取りはではないかと。

5点、6点…あげくに8点取ってしまうチームは誇りだし、
それを量産しているのは日本人アタッカーだという
他のチームにはない状況は自慢のひとつだ。
失点だってかなり少ないのは喜ばしいことだし、立派だと思う。

今回の対戦相手・レッズと比べてみると
レッズ 得点47 失点22 マリノス得点46 失点23
これだけ見れば全然負けていないのに、順位は雲泥の差なのだ。

岡田さんの良いところは1点しか取れなくってもしぶとく勝つところ、
悪いところは1点しか取れない、点を積み上げる術を
最後までつかめなかったこと。じゃないかと思う。

早野の良いところ、というか現在の選手のいいところは1点で守らないところ、
悪いところは真ん中が機能しなければすべてが始まらないということ。
そしてその要が1人しかいないということ。


この試合、どう考えてもウチのほうが状態がよかった。
前半から足がつっちゃう選手なんて初めてみましたよ。
まぁ、そこがACLのつらさですな。
(暖かくなった時期から予選が始まってよかったね、と言っておきます。)
実際問題、山瀬兄を欠いてどう闘うかというのが課題で
その相手が浦和だったのはちょっとハードルが高かったけれど、
その割にはえらくがんばっていた。

前半を見てやばいと思ったことはセンターバック2人がイマイチなこと。
特に佑二は代表疲れとそこから来た腰痛明けってことで、
判断が明らかに鈍かった。
勇蔵はこのところ鋭さというか、時折ぼんやりしているような気がする。

山兄の穴をカバーするのにジローとマルケスが入った。
この2人が試合のタクトを振る指示をされているのは明らかだったけれど
いつもの布陣が2TOPとその下に山兄で慣れているから
開始早々はこの4人の動きがなんだか不自然極まりなかった。

良かったことは河合、那須のダブルボランチがセンターの2人より完璧だったこと。
ここからは勝手な言い分だけれども
どうせなら佑二はベンチに入れて前節の功労者、那須・勇蔵のセンターバックに
河合ワンボランチ、健太を入れても良かったんじゃないの?

で、前半15分間でしっかり守って、そこからだんだん攻撃もできた。
でも決まらないのは最後のワンポイントに工夫がないからだと。
特に前半の最後で点が取れなかったことは不安材料だった。

後半開始早々で失点することはウチにとって致命傷なので
レッズの速攻をしのぐのにかなり必死になる。
ボランチ2人がかなり利いていた。それに比べてDFは押し上げられないし
チマチマしたパス回し、しかも集中力が欠けているから危なっかしい。

それが如実に出てしまったのが今回の1点。
決して良いとはいえないGKからのボールは、
必死にしのいでいたボランチの頭を抜け、
サイドチェンジのボールを2回もキープミスしたコミーを
ぶっちぎったポンテにわたり、さらに詰め損ねた勇蔵の横を
センタリングしたボールが抜け、飛び込んできた永井に
成す術なしだった佑二の横をボールが通り過ぎてゴールとなった。

お尻に火がついて初めてぼんやりしていたベンチが動き出す。
坂田に代わって山ちゃん投入をしようとした。そのときだった。
それまで攻守に渡って献身的(少なくとも後半はフル稼働)だったジローが
取られたボールを奪い返すのにタックルをし、2枚目のイエローをもらい退場。

このとき、なぜ交代を止められなかったのか?
ここでジローが退場にならなくても、入れるべき選手は健太だったと思う。
攻めることをさせたいのならいつもの形にしてやらなければならない。
ジローがいなくなったことで、それは明白だったし
それまで懸命に守ってきた河合がサイドフォローまでしなくてはならなくなった。
どうみても限界を超えているのに河合は走り続けていた。

またもや交代の失敗

そう思った。さらに失敗は続く。
後半40分ごろに疲れきった河合に代わって健太投入。
残り5分に入ったところでひっくり返せるほどの力はウチにはない。
同点にするのだって相当に厳しい。
なのに残り10分もなくなったときにやっと入れた。遅すぎる。

はっきり言えば監督の采配ミス。

もっといける!もっといける!

そんな状況を壊しているのは、誰?勢いを生かせないのは、誰?
下位チーム相手に大量得点取れば、早野の評価は上げ
上位チームや1点を争う試合で勝てないのは仕方がない?
それが順位に出ているということをいい加減気がつかなくてはならない。

首位・レッズにいい試合をしたけれどそれを暖かく拍手で迎えてしまうのは
ものすごくがっかりな光景だった。

もっといける!もっといける!もっとやれる!!もっとやれ!!

そういってブーイングのひとつもやってやれないのだから
シーズン終わって9位以上だったらそれでOKなんだろうな。
もしナビスコ準決を勝ち抜けたら土下座するんだろうな。


今のJリーグは守れないと勝てない。
さらに守って、得点を上げられないと上位にはいかない。
さらにさらに、後半戦になったらどんなかたちでも
勝ち点を積み上げることが最重要だと思う。
そうしなければ優勝争いはできない。

リスクを負ってでも攻めるチームがいい、
でも1点を賭けた試合をできるチームでもあらねばならない。

その判断がしっかりできるチーム作りを目指していかなくては
いけないのではないかと思う。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様でした。
僕自身、この試合がかなり心配でしたよ。
マリノス調子良いのは分かっていましたからね。

試合も殆ど支配されていました。
けど、この試合、今シーズンのベストゲームでしたね、
レッズにとっては。
しかも田中を少し休めさせられたし。

TVで観てる限り声はレッズのしか聞こえませんでした。NHKアナもレッズサポ?と思わせる発言が多く、ちょっとマリサポが観てたら腹が立つだろうなあなんて思いました。




予想してTV録画をしなかったのは正解でした!
NH●ってそうだよね~まずホームチーム応援してるの聞いたことないような。
まぁ、N●Kは見ないので全然OKですけど。(最近はBS-iばっかり見てる)

応援についてはどうなんでしょうね~。
あの感じだとあんまり聞こえないってのはわかるわ。
ほとんど歌ってるだけだもん・・・掛け声系はあんまりないみたい。
最近座るところは特定選手のみ野次る
ときどき的外れ、のち図星なおっさんがいるので
そっちに耳をとられます(笑)

さぁ、気分を切り替えてナビスコ1億目指そう♪
俊ちゃんが帰ってくるときにはゼニいるけん!!

15年J1順位表


15年スケジュール

【1stステージ】
3/7(土)H川崎
3/14(土)A東京
3/18(水)A仙台(YNC)
3/22(日)HN鳥栖
3/28(土)HN清水(YNC)
4/4(土)A柏
4/12(日)H仙台
4/18(土)A浦和
4/22(火)A名古屋(YNC)
4/25(土)H湘南
4/29(水祝)H広島
5/2(土)A山形
5/6(水祝)H名古屋
5/10(土)H新潟
5/16(土)A清水
5/20(水)HN神戸(YNC)
5/23(土)A松本
5/27(水)HN川崎(YNC)
6/3(水)A山形(YNC)
6/7(日)A甲府
6/20(土)H鹿島

【2ndステージ】
7/11(土)AC大阪
7/15(水)HN柏
7/19(日)AG大阪
7/25(土)A広島
8/12(土)A名古屋
8/16(日)H甲府
8/22(土)A鳥栖
8/29(土)H浦和
(※8/30)
9/2(水)YNC準々決
9/6(日)YNC準々決
9/12(土)A新潟
9/19(土)H東京
9/26(土)A湘南
10/3(土)A仙台
10/7(水)YNC準決
10/11(日)YNC準決
10/17(土)H神戸
10/24(土)A川崎
10/31(土)YNC決勝
11/7(土)A鹿島
(※10/28or11/1)
11/22(土)H松本
11/29(土)H新潟
12/6(土)A東京

H ホーム
HN ホームニッパツ
A アウェー
※日程変更アリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
15年選手

0 マリノス君
1 榎本哲也
2 天野貴史
3 松田直樹
4 栗原勇蔵
5 ファビオ
6 三門雄大
7 兵藤慎剛
8 中町公祐
9 矢島卓郎
10 中村俊輔
11 齋藤 学
13 小林祐三
14 熊谷アンドリュー
15 比嘉祐介
16 伊藤翔
17 端戸仁
18 ラフィーニャ
19 仲川輝人
20 佐藤優平
21 飯倉大樹
22 中澤佑二
23 下平匠
24 奈良輪雄太
25 藤本淳吾
26 中島賢星
27 富澤清太郎
28 喜田拓也
29 天野純
30 田口潤人
31 鈴木椋大
33 北谷史孝
39 アデミウソン
40 和田昌士(Y)

監督 モンバエルツ

(修行中)
松本翔(山口)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お気に入りリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
管理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。