スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏・注目試合

【マリノスvsジェフユナイテッド市原・千葉】

蘇我までプチ遠征。天気はいいのだけれども、風が寒い寒い。
しかしまぁ、蘇我駅って何もないのよ。カピバラバンザイ!?
(通じない人はスリー●●で見てください)
千葉って言えばサマラナカレーなんでもちろん食べました。
それ以外で人気ありげ?だったのは売り子が売ってる牛丼。なぜに??
においだけいただいたのはキムチスープ。誰か試して感想を聞かせて。

千葉に来ると毎度ドラマがございます。
この日の試合は中だるみ順位どうしの試合だったから空いてるはずが。
前日のオシムの緊急入院によって予想以上の満員に。
(一昨年はこけら落としにご招待され、去年は最終戦で乱闘騒ぎになりました)

バックスタンドで見たのですが、去年は空いていてよかったのですが
今年は試合前にはぎっしりジェフサポに囲まれてました。
私の前に座ったお兄ちゃんが黄色いユニの下に「NAKAZAWA」ユニ着てて
オマエ、どっちやねん!!とこっそりじゃらちゃんとつっこみ入れてたら
突然話かけてきて「恐いっすよね、脱いだら」って聞くから
「大丈夫、ジェフサポは優しいから!!」と脱がせておきました。
これで小さくマリ集団完成(総勢4名・笑)

山兄、復帰。足も大事に至らなかったようでなにより。
カード明けの勇蔵復帰。お那須はベンチ要員に逆戻り。
ベンチ:飯倉、マツ、お那須、乾、山ちゃん、陽介…以下、省略

ジェフはU22の水野、水本など元気要員が欠場のため
よく知らない面々がスタメンを飾っておりました。
ただし、代表組の巻、羽生、山岸のトライアングルは要注意といったところ。

山兄がもどったことによりチームがグッと引き締まった前半。
20分過ぎごろにセットプレーを強引に佑二が押し込み久々のボンバーヘッド。
ねじ込むって言葉がぴったりでしたが、いい時間帯の得点に
バックスタンドマリサポ集団(総勢4名)は小さくガッツ。
もちろんジェフも黙ってはおりませんでした。徐々にボールをキープし始めると
山岸-羽生の両ラインがうちのサイドバックをゆさぶりはじめた。
たまたまバックスタンドから見ていたからだけど、隼磨は山岸に抜かれること多々。
そして20番の選手が要所要所に顔をひょっこりと出し、河合を撹乱。
巻を佑二が、新居を勇蔵が見る感じではあったけれど
この20番の動きにつられている時があり、かなり心配。

後半。思った通りジェフはどんどん攻めてきてうまくボールカットもできない状況。
そして、早い時間に巻を下げてレイナウド。
この直後のセットプレー1回目で勇蔵がハンド。
見えてはいなかったけど、故意ではなかったと思う。
でもそこはペナルティーエリア内。
せっかく戻ってきたのに、また1休みになってしまった勇蔵。無念。
PKを決められ同点。また選手が下を向くのではないかと不安が。
それが的中してしまったのが次のゴール。
裕介がサイドチェンジで流れてきたボールを途中で追うのを諦めかけた瞬間
猛ダッシュで飛びついた選手が…羽生だった。
マリ選手は忘れているんだろうか?ジェフはオシムスタイルが基盤のチーム。
走ることを信条とし、戦ってきたチームだということを。
ラインいっぱいで止め、すばやいクロスにうちのDFは一瞬足が止まっていた。
それが20番のボレーシュート。
沸き立つジェフサポの中にいる4人だけが頭を抱える…。

こんなチームだけど下を向かなかったスピード屋が1人。
ジロー。本当にサンキュー。
この日のジローは体調がイマイチなオオシや、トラップ下手な坂田を尻目に
FWもMFもDFもなんでもやったる!、ぐらいの勢いで90分もつのか心配なぐらいの働き。
同点に追いついたオオシへのセンタリングはミラクルかと思ったぐらい
オオシにむかって一直線に飛んでいった。
もちろん小さな集団総勢4名歓喜(←しつこい?!)
その他にも、GKと一対一を逃げずにシュートしたり、
相手シュートの最後の最後をカラダを張って止めたり。
彼のシーズン後半戦からの献身ぶりにはこちらが熱くなります。
(願わくば1年間そうであってほしいところですが)

これで少しは生き返るか?!と思ったマリノスですが、やはり防戦の方が強い感じ。
オオシも坂田もヘロヘロで、こういうときこそ若手を!!と思ったら、
とりあえず坂田を山ちゃんへ。ん~百歩譲って良しとしよう。
一応攻めの合図だと信じて。

どうしても点がほしいジェフも負けじとFWと投入、ジョルジェビッチを下げた。
これは結果としてマリノスにはラッキーだったと。
それまで全然スペースをつけなかった左側に余裕ができて
そこを縦横無尽のジローがうまくつかってくれました。
逆転弾になった隼磨のシュートは、逆サイドにいたジローの
サイドチェンジから生まれたもの。
私たちの目の前から蹴りこまれたボールがうまく隼磨に渡ったときは
正直、それだけで「やった!」と思ったぐらいいいボールだった。

オシムのことがあったので、KYと言われてしまいそうな我がチームですが
うちにもオシムによばれている選手がいるんで、それなりに敬意はあったと思います。
そしてなによりスッキリ勝てない病から瞬間脱却したことはよかったかな。
とっても満足のいく試合ではなかったけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

15年J1順位表


15年スケジュール

【1stステージ】
3/7(土)H川崎
3/14(土)A東京
3/18(水)A仙台(YNC)
3/22(日)HN鳥栖
3/28(土)HN清水(YNC)
4/4(土)A柏
4/12(日)H仙台
4/18(土)A浦和
4/22(火)A名古屋(YNC)
4/25(土)H湘南
4/29(水祝)H広島
5/2(土)A山形
5/6(水祝)H名古屋
5/10(土)H新潟
5/16(土)A清水
5/20(水)HN神戸(YNC)
5/23(土)A松本
5/27(水)HN川崎(YNC)
6/3(水)A山形(YNC)
6/7(日)A甲府
6/20(土)H鹿島

【2ndステージ】
7/11(土)AC大阪
7/15(水)HN柏
7/19(日)AG大阪
7/25(土)A広島
8/12(土)A名古屋
8/16(日)H甲府
8/22(土)A鳥栖
8/29(土)H浦和
(※8/30)
9/2(水)YNC準々決
9/6(日)YNC準々決
9/12(土)A新潟
9/19(土)H東京
9/26(土)A湘南
10/3(土)A仙台
10/7(水)YNC準決
10/11(日)YNC準決
10/17(土)H神戸
10/24(土)A川崎
10/31(土)YNC決勝
11/7(土)A鹿島
(※10/28or11/1)
11/22(土)H松本
11/29(土)H新潟
12/6(土)A東京

H ホーム
HN ホームニッパツ
A アウェー
※日程変更アリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
15年選手

0 マリノス君
1 榎本哲也
2 天野貴史
3 松田直樹
4 栗原勇蔵
5 ファビオ
6 三門雄大
7 兵藤慎剛
8 中町公祐
9 矢島卓郎
10 中村俊輔
11 齋藤 学
13 小林祐三
14 熊谷アンドリュー
15 比嘉祐介
16 伊藤翔
17 端戸仁
18 ラフィーニャ
19 仲川輝人
20 佐藤優平
21 飯倉大樹
22 中澤佑二
23 下平匠
24 奈良輪雄太
25 藤本淳吾
26 中島賢星
27 富澤清太郎
28 喜田拓也
29 天野純
30 田口潤人
31 鈴木椋大
33 北谷史孝
39 アデミウソン
40 和田昌士(Y)

監督 モンバエルツ

(修行中)
松本翔(山口)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お気に入りリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
管理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。