スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざ、リベンジ!

【マリノスvs東京ヴェルディ】

ホーム最終戦。先週で危機的状況を脱し、笑顔で終えたい試合。

5月。それはそれは屈辱的!?なやられ方をしたわけです。振り返ればこのときから「なんかおかしい」が始まったような気もしないではないですが…。

愛すべき那須くんはヴェルディのセンターバックとなり闘将の証しの背番号5を背負う選手。そしてこの日、ゴール前に大きく立ちはだかっていたわけです。

あれから7ヶ月。気が付けばジェフに続いてヴェルディも崖っぷち。ヴェルディにはそれなりの思い入れがあるので、どうか助かってもらいたいという気持ちもあるのです。


この日は、センター松、右に勇蔵、左に佑二。
佑二の復帰は思っているよりも早かったのでいささか心配。そして勇蔵はジェフ戦で手の甲を骨折。なぜか両手に白いものが見えたけど、報道では片手。大丈夫か?

対するヴェルディFWは大黒の1topぎみに飯尾と平本が両サイドにつく形。5月はフッキ、ディエゴ、レアンドロの3人に振り回されたのですが、それに比べるとどうしても見劣りします。

そもそも、日本の上位チームには絶対的な外国人FWがいて、その選手が溜めも作れるし、ポストプレーもする。そしてその周りを日本人FWや2列目、3列目が補って得点を稼いでいるのです。ヴェルディで言えばそれがフッキ、うちで言うと…そんな外国人は存在せず(自滅)、その結果が今の順位なわけです。

前半はジェフ戦同様締まっていそうで締まっていないような両チーム。決定機らしきものはウチのチームが若干作れていましたが、相変わらずツメが甘い。でもそれ以上にヴェルディは攻撃の手法が見えてこないというか…もしかするとナイのではないかと思いました。だからやっぱりDF陣が目立ってしまうのですね。

伝統の一戦と呼ばれたのは過去のこと。そういえば国立でG裏サポがおかしな事を言ったっけ「Jリーグ開幕戦のカードとかクラシコとか伝統とか関係なく勝とうぜ~ 開幕したときオレはここに居なかった~~ぁ(周り失笑)」 そうだよなぁ…君たちはまだいいとこ小学生ぐらいかね。。。でもその時に比べるとレベルは上がったのかもしれないけれど、気合いは落ちてる気がするよ。

前半に得点はできなかったものの、負ける気配は全くなかったこの試合。目覚めはこの方の一発

松田直樹

後半早々からチョロチョロ前に出る姿があったのですが、攻撃陣が両サイドに開き、それにつられてヴェルディDFがドン引き。左サイドの選手(不明)が3人ぐらい引き連れていたので真ん中がぽっかり空いていたのもラッキー。そのまま微妙な(苦笑)ドリブルをしてシュートを打つ…フリして打ったのはループ。対峙した那須くんは抜かれると思ったのでしょうね。キレイに頭の上をボールが抜けていき、そのままゴール。中村俊輔ばりの芸術的シュートの軌道に思わず立ち後れたぐらいでした。

そこからは那須くんが気の毒に思えるぐらい両サイドからの展開に目覚めた我がチーム。後方からきたボールを隼磨が、那須くんをぶち抜いた健太が…次々とシュートが打てるように。(あっ、でもクナンはまた外してた!)裕介のセンタリングも、病み上がりの佑二のDFも、哲の横っ飛びも…後方の方々も頑張る頑張る。

特に、後半30分あたりヴェルディが攻撃陣を追加してきたあたりが危険時間帯だった。ノンビ(広山…まだこう呼ばれてるかな?)は相変わらず危険だったな。小技がウマイっていうか、頭がいいやり方というか。投入してすぐに右サイドがすごく活性化されてたし。たぶん、大黒と一番あっているんじゃないかと?!

ロスタイム4分、と表示された掲示を上げる準備が始まったころから敵陣サイドでのボールキープが始まった。(これ、誰だったか忘れちゃったのよね~でも相当がんばってキープしてたんだよ)すでにボールキープできる坂田、ジローは投入済み。最後の最後でなんとアーリアかい!と思った交代だったけど、この方が最後のだめ押しをすることになる。 

左サイドで頑張ってキープしていたものの、3人4人と囲まれ始め、土屋だったか、富澤だったかがクリアしたボールの先にいたのがアーリアだった。いや~、そんなこともできるのね!っていう微妙なフェイントでDFをかわし、GKと1対1もうまく右隅へ。リーグ初ゴールがホーム最終戦。おめでとう♪


はたまた個人的ですが、このゴールを見送った那須くんのガックリうなだれる姿がどうにもこうにも切ないです。パワープレーになっていたから仕方がないけど、ヴェルディのDFの連携はちょっと切なすぎ。ん~これからこの状況を盛り上げて行かなくてはならないってのが彼の使命なのでしょうが…。特に富澤は致命的かも。

そんなことを思いつつ…

2-0 で連勝!この波を大事にしたいです。



全体的な選手の意思統一というのは確立されつつあるのでしょう。当初掲げられた「ポゼッションサッカー」その実現に一番足りなかったのが意思統一とか団結みたいなもので、それはこの2,3年の月日で経営陣、フロントが壊してきたわけで…

とグチグチ言いたいことが沢山あるわけですけど、ホーム最終戦はいつになくフレンドリームードでした。

まずは、勝ったということで取材者用・ヒーローインタビュー(MOMはもちろん松とアーリア)。その間に試合に出られなかった面々とスタッフ全員がご登場。

次にG裏でのヒーローインタビュー。

アーリアは本当に嬉しそうに「Jリーグで初ゴールなんで嬉しいです」と言っておりました。なんだか凄く初初しかったです。

それに続いて松だったわけですが、はっちゃけインタビューかな?と思ったら結構オトナな受け答え。というのもすごく久しぶりにお母さんがいらしていたようで、本人も大満足な親孝行。そして天皇杯への意気込みを語ってくれました。

ちょっと順不同かもしれんが…社長と監督がご挨拶。去年に引き続き、社長は挨拶が下手だなぁ。。。あの覇気がないのっぺりとした杓子定規なご挨拶はどうにかならんものか?来季への意気込みはあまり響かなかったなぁ。そして監督。なんだか最後まで「監督」っていう感じがしないのだよ、「おいっ!フロント!」って感じだ。この方についてはまた…

そしてその後はいつもの選手のダラダラ歩き…かと思ったら、サンタさんのようなデッカイ袋から次々とカラーボール(サイン付き)を取り出してスタンドへプレゼント。お~~ちょっとは成長したな、と思える瞬間。。。

もちろんこの日は勝ったので全員で手をつないでのバンザイをバック2カ所、G裏、メインと4回。さらに今季でサヨナラが決まってしまったオオシ、高桑(この試合久々にベンチ入り)、ロペスへは惜別コール。

切ないことではありますが、千葉戦のあとに彼等(期限付き移籍の石原含む)の契約満了が報道されてしまいました。

オオシは昨年の日本人得点王。取り扱いも大きかった。率直な感想としては「惜しい、ものすごく惜しい、でもこのポジションが一番のポイントであり仕方がないとしかいいようがない」。年齢も年齢なのです。0円提示だったらしいので移籍金は発生しないのですが、短い選手生命において20代後半の身の振り方は微妙です。だからこそ今だった……得点王の冠がついているうちにリスタートしてほしい。前向きに行って欲しい。


さて残すはあと1戦。レッズとの試合は絶対に負けられない。天皇杯に向けて調子を上げるために、闘うべし!!


…と書き終わって金曜日にUPしたつもりになってました!
これから怒濤の浦和戦の執筆に入りま~す♪こうご期待?!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

…ご期待

…してます(T_T)
15年J1順位表


15年スケジュール

【1stステージ】
3/7(土)H川崎
3/14(土)A東京
3/18(水)A仙台(YNC)
3/22(日)HN鳥栖
3/28(土)HN清水(YNC)
4/4(土)A柏
4/12(日)H仙台
4/18(土)A浦和
4/22(火)A名古屋(YNC)
4/25(土)H湘南
4/29(水祝)H広島
5/2(土)A山形
5/6(水祝)H名古屋
5/10(土)H新潟
5/16(土)A清水
5/20(水)HN神戸(YNC)
5/23(土)A松本
5/27(水)HN川崎(YNC)
6/3(水)A山形(YNC)
6/7(日)A甲府
6/20(土)H鹿島

【2ndステージ】
7/11(土)AC大阪
7/15(水)HN柏
7/19(日)AG大阪
7/25(土)A広島
8/12(土)A名古屋
8/16(日)H甲府
8/22(土)A鳥栖
8/29(土)H浦和
(※8/30)
9/2(水)YNC準々決
9/6(日)YNC準々決
9/12(土)A新潟
9/19(土)H東京
9/26(土)A湘南
10/3(土)A仙台
10/7(水)YNC準決
10/11(日)YNC準決
10/17(土)H神戸
10/24(土)A川崎
10/31(土)YNC決勝
11/7(土)A鹿島
(※10/28or11/1)
11/22(土)H松本
11/29(土)H新潟
12/6(土)A東京

H ホーム
HN ホームニッパツ
A アウェー
※日程変更アリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
15年選手

0 マリノス君
1 榎本哲也
2 天野貴史
3 松田直樹
4 栗原勇蔵
5 ファビオ
6 三門雄大
7 兵藤慎剛
8 中町公祐
9 矢島卓郎
10 中村俊輔
11 齋藤 学
13 小林祐三
14 熊谷アンドリュー
15 比嘉祐介
16 伊藤翔
17 端戸仁
18 ラフィーニャ
19 仲川輝人
20 佐藤優平
21 飯倉大樹
22 中澤佑二
23 下平匠
24 奈良輪雄太
25 藤本淳吾
26 中島賢星
27 富澤清太郎
28 喜田拓也
29 天野純
30 田口潤人
31 鈴木椋大
33 北谷史孝
39 アデミウソン
40 和田昌士(Y)

監督 モンバエルツ

(修行中)
松本翔(山口)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
お気に入りリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
管理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。