スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなにいるかどうかわからないけど…

【マリノスvs大分トリニータ】

あらびっくり

5点も取っちゃったわよ!!!

ってことで、日曜日の試合は21日にお誕生日を迎えた良治さんをベンチに
(誰も指摘してくれなかったら寂しいじゃんね、良治兄さん)
そしてなんといっても、この日お誕生日を迎えました

すっとこどっこいな 山瀬幸宏(弟)のひょえ~入ったよ!!

なゴールを皮切りに、いきなり覚醒しちゃったマリノスです。

この日、どんな事情からか分かりませんが左サイド田中裕介が欠場(怪我?)
代わりが小宮山でした。なのでDF陣がちょっと心配でした。
(ホンネを言えば裕介でもいつも心配なんだけど・苦笑)
サブにはアイドル・天野っち、先日値千金なゴールをした斎藤陽介が入りました。

前半、風上に陣取ったマリノスは最初から攻めまくってました。
まっ、毎度の事ながら攻めてる時はいいんです。
しかも始めっから飛ばすのもいつものこと、これといって変化なし。

しかし、ほほぉ~と思ったのが心配していた小宮山。
なんだか調子いい!?的にガシガシセンタリング上げてました。
左サイドはウチにとって課題ポジションであるので
頑張る若手が出てきたのはいいことです。

そんなんで目を細めていたら、誰が入ると思ったでしょう?!

弟の左足から放たれた弾丸シュート!!

いや~正直、ゴールポスト左脇をすり抜けた?と思ったぐらい
早く低い、いいシュートが突き刺さりました。
TVにも映ってましたが、真っ先に兄・功治につかまり手荒い祝福を受けました。

以前からじゃらちゃんと話しているのですが、山瀬兄弟は非常によく似ています。
顔や髪型はぜんぜん違うけど、体型とかボールタッチとか蹴り方とか。
弟があのボサ頭をもうちょっとマシな感じにするとさらに似てくるかと。
だから足元だけを見ていると「あ、違った・・・」(兄弟見間違えた)
とかってことよくあります。(うちらだけか?!)
唯一あきらかに違うのは新聞でも指摘されていましたがドリブルの切れ味ですね。
兄の華麗さは弟にはありません(苦笑) 弟は本当に地味なのです。

そんな弟はマンオブザマッチをいただき、みんなからHappyBirthdayを歌ってもらい
初めて?お立ち台に立ち、インタビューを受けました。
「今日は朝からBirthdayゴール決めちゃおうとか考えてましたか?」の問いに
「誕生日ってことを全然忘れていて、試合前、みんなに
ゴール決めちゃえって言われて気が付きました」
・・・らしすぎる(爆)そしてさらに彼は続けます。
「お兄さんの功治のアシストもしましたね」
「はい。でも(自分は)まだまだなんで、これからも応援お願いします」
ちょっとすっとこどっこいな弟ではありますが、非常にうれしそうでした。

その後、たぶん初めて某局のMアナのトンチンカンインタビューを受けました。
その時の不自然な笑顔?と泳いじゃっている目が笑えました。
幸宏、ちゃんと両親からのお祝い電話は取りましたか?
気が付かなくて、留守電聞きました、とかじゃないよね??
(本当にありそうで怖いんですけど)

ちょっと脱線しましたが、その後の攻撃もよかった。
特に2点目のオオシのアシスト(得点は坂田)。
開幕前の私の理想FWは大島・ジローの2TOPだったんですけど
いらないところにお金を使ったフロントのせいで鈴木1TOPとかいう
あまりに不自然な形になり、その後変な形にこだわったアホ監督のせいで
大島1TOPなんてことになって非常に窮屈そうだったのですが
大島・坂田の2TOPになってから(あ~ジローさんや早く出てきて)
徐々にその持ち味と連携を生かせるようになり、
その結果が「粘りの前線」につながったと思います。
TVには映ってなかったかもしれませんがね、坂田のゴールの
何倍もの価値のあるアシストだったよ。

3点目(坂田)は省略いたしまして(あれ決めなかったらひんしゅくだし)
4点目河合。少しばかりゴール前がごちゃついていたので
わかりにくかったかもしれないけど、今にもつまづきそうな前傾姿勢でのドリブル
そこから打ったシュートはすばらしかったです。
これも「あんなシュート打てるんだ?!」的なちょっと意外性がありました。
ちなみにアシストしたのはまたまた弟!?
後半になるといつもバテバテ風に見えるのですが、いいアシストでした。

さすがに4点目ぐらいになると「今日はそのへんで・・・」と言いたくなりましたが
まだ調子にのっている攻撃陣。
でも見ているほうは「完封で!」との思いも強くFWに抜かれるたびに
飛び出してくる哲にヒヤヒヤ。
どっちのゴール前にボールが行っても
「あ~~~っ、う~~っ、もぉーーー」と一文字応援。

で、5点目。そろそろお役ごめんな弟(交代枠使い切ってたな)が、
後ろから来た兄に絶妙パス
ちょいとボールコントロールをして兄ゴール!!
兄、サービスしすぎです。けど、よかったです。

そんなわけで、それなりに危ない面もあったのですが
みんなの気合の入った「完封勝利」への念が通じて5-0の完勝。
すっきりしすぎてしまいました。


と、ここで終わる記事じゃありません。
この勝利、本当に複雑な想いもあるのです。

試合前の選手紹介。スタメンからサブまで呼ばれますね。
マリサポはよくヌルイサポだと思われがちですが
それなりに現役選手や監督、移籍した選手やOBたちにも
愛のある応援をしていると思います。
これまで私が見てきた中で応援されなかった人はごくわずかにいましたが
最近はすごく露骨です。

早野の時にはノーリアクションです

思わずみんなが苦笑いするぐらいノーリアクション。
この現実をどう受け止めているのでしょうか?

事実、この試合は負けor引き分けで16位になるという大きな山で
負けたらやっと早野の首が飛ぶ、と思っていた。(そんな報道もあったらしい?)
しかしその反面、選手たちにはどうしても勝たせてあげたかった。
練習においてもAチームよりBチームのほうが出来がよくて
(今、サテライトが熱いのだ!! この話はまた後日)
そのたびに選手を取り替えたり、フォーメーションまで変えてしまったり。
そんな状況内で諦めることなくやっているのはよくわかるので。

負けてほしいと願う人はたぶんいないでしょう。でも今回は
「負けてもそれはそれでよし。早野の首はGWまでにしてもらいたい」
という想いが最後まで消えない試合だったのです。
だから、早野の名前がコールされてもそしらぬ顔のサポたちに
ちょっとだけホッとさせられたりもしたのです。

順位は9位。でも同じ勝ち点に他2チーム、1差1チーム、2差3チーム、3差1チーム。
要するに、ひとつ負ければまた16位へ逆戻りするというわけ。
のんきに「5ゴールの大勝で9位に浮上した」なんてゲームレポを
書いてしまっているオフィシャルHPを笑うしかない。

それから個人的に危惧していることは
大勝のあとはかならずヘボ試合になる
ということ。
気が緩んでしまうのか、点を取らなければと力むのか・・・
ちなみに次はアルビレックス新潟しかもアウェー。
苦手である。前回も負けている(寒かったぜ!新潟の雨は!)
そして新潟はホームに比較的強いチームなのだ。

その後も川崎、鹿島、柏(ナビ)、名古屋、柏(ナビA)と続く。
今までJ2昇格組みに3敗、昨年中堅チームにボロボロと負けたりもしている。
これから当たる上位チームと互角に争うチーム力がどこまであるか?
どうやってチームを盛り立てていけるか?

そこのところを考えると

早く辞めてくれ、早野!!




【FC東京vs横浜FC】

ちょっとわけがありまして、最近味スタに行く機会が増えております。

今まで「FC」と呼べばそれは「FC東京」のことだったのですが
新しいFCが入ったのでFC=「横浜FC」、FC東京は「東京」
と呼ぶことにしてます。

で、久々にどちらのチームにも感情を持たないで試合を見ました。
東京は負けてしまうと最下位、FCは5連敗になってしまうので互いに必死です。
ホーム・東京は茂庭が今季初ベンチ入り。
まだスタメンとはいかなかったものの明るい材料のようです。
一方、FCは久保が怪我で帯同しておらず奥もベンチスタート。
この試合で両方のサポから一心に拍手をもらったのが三浦和良。

前半、FCはマリノス戦の時と同じように一歩も引かず
パス回しもかなりスムーズ。
東京は「敵は守ってくる」とでも思ったのでしょうか?
DF陣がドン引き!両サイドからの攻めが売りの東京が
攻めてくる3人程に5バック、6バックと翻弄されまくり。

指摘させていただきますと、前線のワンチョペ、ルーカスを軸に
両サイドから攻撃を得意とするのに、サイド選手へのボールの供給源である
福西、浅利がDFフォローに入り真ん中がぽっかり空いてしまっているのです。
かろうじてDFがクリアをしてもすべてそのボールはFCに渡ると言った具合。
これでは最下位決定じゃない?と思いました。

ところが、後半。様相はすっかり変わります。
原さん、バカじゃありませんでしたね(笑)
茂庭の代わりにセンターバックを今野にやらせていたのですが
その今野が前線に上がるようになったことで、DFラインも持ち上がり
ぽっかり空いた真ん中がすっかり埋まったのです。
後半開始2分ほどで、その上がってきた今野のゴール。
そこからはずっと東京ペースで試合は進みました。

東京は前半のような試合をしていたら全く勝ち目はありません。
後半はFCの弱さに助けられたところが多々ありました。
それに得点は1点。個人的にはワンチョペは考え直したら?と思いました。
前半は単なる木偶の坊だし、サイドとの連携もイマイチ?って感じ。
やっと後半にエンジンかかってきたと思ったら交代。
ん~、外国人って難しい!?

残念ながら今のFCには90分間、人をやりくりする術が少なすぎます。
ましてや先に点を取られてしまうと、攻めと守備のバランスがさらに悪くなり
ただただボールをはじき出すことしかできません。
早期の久保の復帰と、バックアップメンバー(ベンチメンバー)の調整が必要ですね。


ということで2日続けて下位試合を見てしまいましたが
どちらにしても、なぜ今その順位なのか?をちゃんと見直さないと
いけないことは明白です。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

次につながる勝利

次につながる、意味ある5点になるといいね。
うちも、このモヤモヤとした気持ちを吹き飛ばす、すっきりとした試合が見たいよ~。あ~モヤモヤする でも、我慢我慢

.urさん、お久しぶりです。
そう、意味のある5点であってほしいけど早野には辞めてもらいたいの。
この矛盾、解消できずに最後までいくと悪夢の年末を迎えそうです。
5/27のレッズ戦、バック2Fの指定席を買いました。
.urさん行きますか??

残念ながら…

今年もHOME横浜戦は、行くつもりでしたが…日曜開催だと(仕事で)行けないんですよ。
試合のスケジュールを見た時は、かなりガッカリでした。
またスタジアムで会いたいですね!
15年J1順位表


15年スケジュール

【1stステージ】
3/7(土)H川崎
3/14(土)A東京
3/18(水)A仙台(YNC)
3/22(日)HN鳥栖
3/28(土)HN清水(YNC)
4/4(土)A柏
4/12(日)H仙台
4/18(土)A浦和
4/22(火)A名古屋(YNC)
4/25(土)H湘南
4/29(水祝)H広島
5/2(土)A山形
5/6(水祝)H名古屋
5/10(土)H新潟
5/16(土)A清水
5/20(水)HN神戸(YNC)
5/23(土)A松本
5/27(水)HN川崎(YNC)
6/3(水)A山形(YNC)
6/7(日)A甲府
6/20(土)H鹿島

【2ndステージ】
7/11(土)AC大阪
7/15(水)HN柏
7/19(日)AG大阪
7/25(土)A広島
8/12(土)A名古屋
8/16(日)H甲府
8/22(土)A鳥栖
8/29(土)H浦和
(※8/30)
9/2(水)YNC準々決
9/6(日)YNC準々決
9/12(土)A新潟
9/19(土)H東京
9/26(土)A湘南
10/3(土)A仙台
10/7(水)YNC準決
10/11(日)YNC準決
10/17(土)H神戸
10/24(土)A川崎
10/31(土)YNC決勝
11/7(土)A鹿島
(※10/28or11/1)
11/22(土)H松本
11/29(土)H新潟
12/6(土)A東京

H ホーム
HN ホームニッパツ
A アウェー
※日程変更アリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
15年選手

0 マリノス君
1 榎本哲也
2 天野貴史
3 松田直樹
4 栗原勇蔵
5 ファビオ
6 三門雄大
7 兵藤慎剛
8 中町公祐
9 矢島卓郎
10 中村俊輔
11 齋藤 学
13 小林祐三
14 熊谷アンドリュー
15 比嘉祐介
16 伊藤翔
17 端戸仁
18 ラフィーニャ
19 仲川輝人
20 佐藤優平
21 飯倉大樹
22 中澤佑二
23 下平匠
24 奈良輪雄太
25 藤本淳吾
26 中島賢星
27 富澤清太郎
28 喜田拓也
29 天野純
30 田口潤人
31 鈴木椋大
33 北谷史孝
39 アデミウソン
40 和田昌士(Y)

監督 モンバエルツ

(修行中)
松本翔(山口)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
お気に入りリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
管理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。