スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雨降ってテニスなくなる

月曜日、天気は曇天。

日曜の夜、「寝られない」ツボに入ってしまい明け方4時ぐらいまで記憶あり。
赤ん坊のころからあまり寝ない子どもだったらしいけど、それは今でも変わらずか?!
ってぐらい、ときどきドツボにはまってしまい苦しみます。
でも身体は緊張しているので、寝坊をすることはあまりありません。

がっ!!!

この日は違った…(滝汗)ふと気が付くと9時ぃぃぃ!!!!
そもそも、変な会社にお勤めしておりますのでよっぽどやばい時間にならない限りは
心配されたり、怒られたりってことはないのですが…久々にやってしまいました。
30分ほどで支度し、会社へは10:15頃着。4番到着(9人中)。まずまずの成績。

まぁ、普通の会社ならこの時間で4番到着ってのはありえないでしょうが
ウチはこれでも誰も何も言わないふざけた会社です。

そして何事もなかったかのように仕事を始めました、がっ。どうもボンヤリモードでしてねぇ。
まぁ、山場は先週で越えているので気合いはいらないですが。
だからあっという間に13時とかになってしまって、ふと携帯を見ると

「今日は代表行かないんですか?」

とのメールが。よく考えると、慌てたので天気予報も見ずに来たわけで
よくよく確認してみますと、今日はテニスは中止になりそうで。

「自由席、取っておきますよ」

とのことだったので、気を取り直して新横へGO---!
まぁ、空いてますがな。月曜の競技場。
4万5~6000人ぐらいの入りでしたけど、7万はいるところにこの人数だと
やっぱりガラガラ感は否めないです。

ちなみに日曜の埼スタなんてそれ以上にガラガラで
チケットの売り方がいかにヘタかってのがバレバレ。
よくよく考え直した方がいいですよ、サッカー協会。

試合内容は見ての通りですが、日曜の試合では酷評、この試合は絶賛。もう、理解不能ですね。
埼スタの試合では俊輔がボールをサイドラインギリギリまで追っかけただけで
「うぉぉぉ~!!」って歓声が上がります。見てる人のレベルまで下がってしまっているんですかね。

この試合のキーマンは明らかに俊輔ではあったけれど、あれだけ自由にやれれば願ったり叶ったり。
玉ちゃんが1本目の絶好機をふかした時点で埼玉と同じになるかな?
と思ったぐらい前方の方々がちょっとね。
ああ、松井・長友の組み合わせは面白かった。埼玉でも、この2人は面白いかもと思ったけど、
松井が途中からだったし、そのころには長友の若干ペースが落ちていたのでよく分からなかったけど
やっぱりいいと思う。
必死に俊輔・ヤット・松井に追いつこうとする長友の姿は評価に値します。
長友、FC東京の星となれるか?!今後に期待。

まぁ、他のところをいいますとですね。ボランチはヤットの方がいいと思いますよ、啓太より。
ボランチとしてのヤットは守備面に少し物足りなさを感じるけれど、パスの振り分けはいいし
フィニッシュに問題のある日本としては、松井・俊輔のゴールにも期待せざるをえないわけでして。
ただし、約1名ときおり暴走するDFがいるのでそこの穴埋めは所属チーム仲間の方が
慣れてると思うけど。

あと~、ウチの子は褒めておかなくては!佑二、ナイスボンバーでした。
久々に、どフリー・ドンピシャに吹っ飛んでいった姿を見ましたよ。
いや、チームでも見てるんですけどね、反対のゴール裏で見ていても宙を舞う姿がわかるって(笑)
大きな怪我をすることなく、無事に帰ってきてください。願いはそれだけです。


最近じゃ、仕事場でもサッカー話してる人(仕事的都合もあるけど)とか多いけど
代表やJの話はあまり聞こえませんね。もっぱら海外をさも日頃から見ているかのように絶賛。
私はガゼンTVで見るより現地派なので、そういうのを聞いていると
「いいところしか見てもないくせによく言うよ~」と心で思っている。

普段の試合を見てもらってない選手が、代表や遠征(海外)試合だけで評価されちゃうのは哀しい。
確かに、TVの中の海外選手は日本人よりかずっと技術もあるし華もある。
でもね、W杯しか盛り上がらない日本のサッカーってどうなんだろう?

席だって不自然にぽっかり空いたブロックはひとつやふたつじゃないし
もらったチケットで来ているんだろう的な酔っぱらいや団体さんまで居るときがある。

何か違ってしまっている日本のサッカー。
たった3回のW杯出場で“のれん”ならぬ“ピッチ”にあぐらをかいている協会は
いつ襟を正そうとするのでしょうか?

代表

昨晩、禁断のチャンネルボタンを押してしまいました。

だってさぁ~その時間はスポ●●じゃないのっ!!

ってことで、寝る前の最後のニュース番組ってことで
ポチッと押したら

女子ワールドカップ

ってのが始まってしまいましてね…
まぁスポ●●を見ると思って前半だけみるか
と思ってしまったのが運のつき。結局最後まで見ちゃいましたよ。

でも想像以上にいい試合っていうか、そりゃ男子に比べればスローだし
迫力に欠けるかもしれないけれど、意外と楽しめるんですよ。
ただねぇ…解説が川上だったのですね、言わずとしれた元代表。
彼女ってば、イチテレビ前のファンになっちゃってましてね
「あぁっ!はぁっ!!危ない!!」とか…
まるで全国?ネットのテレビに出てる意識がなかったです。
まだまだピッチリポートぐらいで十分な域ですよ。
おまけに実況が青嶋なので2人してうるさい。
「なでしこたち、ここでがんばらないと、ここで大きな花を咲かせてほしい!!」
とか、安っぽいメロドラマのような解説がついていて
代表(男子)よりねばりの守備を見せている彼女たちが気の毒です。

で、そうこうしている間に時間は過ぎて気がつけば後半も残り15分。
眠くなってきたところで次々と2点入れられてまたもや寝るに寝られず。
ということでがんばってみていたらです。最後の最後で得たFK。

これぞ華麗なるFK!!

ってぐらい左隅に決まったときには思わず飛び起きて拍手でした。
結果はドローで終了しましたが、この結果がいかに大事だったかというのは
最後の挨拶に回っていた沢の涙目が物語ってました。
W杯4回目の彼女にとって初の決勝トーナメント進出のためにも
この試合を黒星にすることはできなかった、その根性が最後に結果になったことに
こちらも感動させてもらった、本当にいい試合でした。




続きを読む»

アジア杯 最終回

終わっちゃいましたね~アジア杯。
まだ、この話続くの?と思った方スミマセン。これ、最終回です。
手短に??行こう~っ!

決勝戦で見たかった日韓戦、でも3位決定戦。
若手を使うことを示唆したという記事を見たから、どうなのかなぁ?と思ったら
巻に代わり山岸…えっ、また使うの??これはガッカリな。
個人的な問題で、ジーコの時のチーム鹿はどうであれ許せなかったのですが
なぜかチーム千葉はまっ、いいか。とどっかで思っている時があり
これまで見逃してましたが、このときばかりはちょっと。だって相手は韓国だし。

韓国にもいい選手はたくさんいますが、やはり好きになることはないチームでして
てか、代表チームってクラブチームと全然違うから魅力的に思っても、
好きにはならないね。普通!?
で、やるからには勝っていただくことが前提なのですよ。

だけど、タカ1TOPってかわいそすぎるでしょう。
負けちゃいけない試合だってわかってるんだから陣形は変えない方が
よかったんではないかね??と思ったら、やっぱりそうだった。
山岸、加地がまるで没。山岸がダメってことは駒野も上がれずダメ。
加地がダメってことは俊輔が孤立。
1TOPだったからヤットが後ろ目で、俊輔との連携が乏しく。

救いは同じぐらい韓国もダメだったということです。もうそれだけ。
試合としては延長戦に入った段階で日本は気持ちで負けてたのですよ。
自分がやってやろう!という気負っている選手がいなかった。

それでも、相手が10人になったら勝たなきゃいけない。
前にも書いたけど、代表見ているとダメマリノスと同じ時がある。
(え、比べるなっ?いや、同じだよ)
今回はまさにそのパターン。あの俊輔が途中で我を失った時があったし。

ただ一つ、勝つ方法があったとしたならば
韓国と同じ手法を使うことだったのではないかと思う。
アジアンフットボール。基本的に守って固めてカウンター。
10人になった韓国はそうせざるをえなかっただけなのかもしれないけど
日本にも実はこの手があったと思う。だけど、じいさんは使わなかった。
ボールを入れたら何が起こるかわからない…と過去のW杯予選で
井原が言ったことがある。
だけど最後までその場面がなかった。その方法を選択しなかった。

俊輔が「パスが回せるようになった」「形はできてきている」と
何回かコメントしている。初めはその意味がわからなかった。
「なんで~、マリノスのダメパス回しと一緒じゃん」と思っていた。
けど、この試合で「実はちょっと違うのかも」と思うようになった。
じいさんのコメントでは「選手に共通のアイデアを持たせ、同じように
パスをつなぎ、サッカーをさせることはある程度訓練すればできる。
その先は個人で解決しなければいけない。」と言ってる。
耳たこなセリフで、今までの監督たちも、Jリーグでも言われてることだけど
今の日本のレベルは共通のアイディアとパスと訓練しかできていないレベルで
それとは違うレベルでやっている俊輔やタカはそれがどんなものか
身をもって体験してるので「パスが回せること」「形はできてきていること」
を最低限の収穫(というか確認)とし、残りが足りない、
スキルアップの部分だと言いたくて、そのレベルに挑まなければ
いつまでたってもアジアンフットボールのままなのだ
と言いたかったのではないかと思う。

確かに結果にはがっかりだけど、これを糧にしてやっていける選手が
今回のメンバーの中に少しでも多くいることを願うしかないのだと思う。



PK戦。

延長になった時点で日本は気持ちで負けていたのだけど
でもここまできたら「死んでも勝たなくては」と思わずにはいられなかった。
「これを糧にして…」と書いたけど、選手にとって結果はすべてだ。
1年前の佑二はW杯のあと、本当にひどかった。
そういう思いをしてほしくはなかった。完全な実力差の違いで負けてもそうなのに
PKは失敗した1人に一番重い結果を科すから。
だから絶対に負けてはいけなかった、勝たなきゃいけなかった。

6人目の羽生。オシムの申し子の一人。
6人目に指名したのもじいさんだったらしい。
悪いキックではなかった。GKがよかっただけなんだけど。
羽生の姿は象徴的でつらかった。
こういう姿を見るのだけは、どんな試合であっても辛く哀しい。
羽生はどういう性格か知らないけど、彼のサッカー史の中で
忘れられない1蹴りになり、この結果が今後の選手生活に
どう影響していくのか、ちょっと心配。



でもすべての選手がこの借りを返すべく一生懸命やってくれるだろうし
チームにも伝えてくれるだろうし、楽しみにしたいと思います。

そろそろね~、週末にやることがない生活に飽きてきたのです。

アジア杯 その2

下の続きです。全然、ブログUPが間に合いません。急げば急ぐほど
黙っていても試合日は来るので、ひとつひとつ書こうとする自分がバカなのだね。
まっ、せっかくだから書いておくけど。

今回のアジア杯は私にとってはものすご~く温度の低い大会でした。
まず、予選をリアルタイムで見られないっていうこと。これが大きな理由の一つ。
そして2番目にうちん子たち(マリノス)の動向が6月まで忙しかったので
代表モードなんかになかなかならなかったこと。
そもそも、代表はあまり気にかけていないけど、そんな理由です。

さてさて、決勝トーナメントになったら意外と見られる時間帯にやることが判明。
19時からのだと大変だけど22時からなんてのもあるから、少し余裕があります。
準決勝、そそくさと家に帰りスタンバイ。(実際はギリギリにTVを付けたけど)

入場場面が出てきた時にまず「大丈夫かな?」と思ったのは佑二。
いつになく目がいっちゃってました…こういうときは心配。
案の定、前半の大事なところで失点。これはまたDF陣のせいにされるな、
というようなシーンでした。
でもその数分後、セットプレーからの佑二のつっこみは
「きたっ~~~~~!!!」と大感激。
まだまだ目がいっちゃっているのが気になりましたが、
失敗は自ら取り返す人なので、相当の気合いが感じられた飛び込みは納得。

後半、早々の失点。こういうのは一番やってはいけないパターン。
さすがに2度目の追走はすぐには無理かなと思ったら、
佑二張りに熱い人がいました。阿部ちゃん。いいボレーだったなぁ。
この人も自らの失敗を取り返しました。

が、90分通して「なんて横パスが多いんだろう」と…マリノスでも見飽きてるのに
代表でもこれですか?!みたいで、前半途中は眠気が襲ってきました。
こういうときはだいたいやられるし、点も入らないっていうのを知っているので。
だから後半は攻めてくるだろう、と思ったらさくっとボールカットされて
攻め込まれてしまって失点。がっかりとしか言いようがない。
その後も出す横パスの精度が微妙にくるっていた俊輔、憲剛、ヤット。
中盤の要の3人に疲労が色濃く、サイドの選手も上がり切らない
タカと巻は置いてけぼりのような状況が続いたのは残念。

3点目の失点。指示なのかどうかは知らないけれど、業を煮やしたのか
DF陣が上がりパワープレー。佑二は前半から流れを見て上がっていたので
要注意だなとは思ったけどそいういう所を見逃すことなく突いてきたサウジ。
3点目は取られるべくして取られた点で仕方がない。
この大会で何度DF陣に助けられただろう?この日の2得点も佑二と阿部ちゃん。
守りと攻めと両方をどこまで求めるかは言い難い。

オシムじいさん解任論はまた出てきている。
これは世間がセオリーのように言うことだからしょうがない。
私は自由という冠をかぶった裸の王様ジーコより、じいさんの方がよほど現実的で
日本を原点に戻らせようと必死にやっているように見えるのだけど。
DFには宮本がいたほうがいいかい?中盤はゴールデンエイジの伸二や
イナがいたほうがいいかい?アレックスや小笠原、柳沢がいたほうがいいかい?
ヒデを呼び戻したいかい?
答えはNOだと思う。
現状、オシムの申し子と言われる千葉の選手は多くいる。
でも、巻を除けばオシムは意外とおもしろい人選、未来が見える人選
をしていると思う。

たぶん世の中がダメだと騒ぐほどオシムはダメではないと思う。
ダメだというのならば、それは本当は日本代表というチームがダメなんだと。

人気もなく、視聴率も取れないチームや監督はダメだと叩きやすい。
強くあれとマスコミに持ち上げられ、沢山のスポンサーを付けることで副収入を得る
代表がこんなにも豊かになったのは様々な「スポンサー様」という
支援があったからだけれども、そのための選手起用をいままでしていたから、
叩きにくかっただけじゃないの?!

オシムはこの試合前の会見で「負けたらそれはここにいる私、監督のせい」
と言い切った。今までなら「明日はこう望むつもりです」と教えてくれていたのに
「逆ギレ」された格好になったマスコミはやっぱり「解任」なんて言っているけど
選手は誰のせいにもしないし、自分たちができなかったことを理解しているし
オシムにだってやり残したことはまだまだあるだろうから、
契約期間中はそのままでいいのだろうと思う。

代表はツマラナイ???

それでいいじゃないか!!お祭り騒ぎのための代表はもうイラナイ。
選手が世界は楽しい、世界はすごい、世界でがんばる日本になりたいと
思えればいいじゃないか…。
と私は思うのですがね。まっ、マリノスの方が手がかかってるんで(笑)
代表は余興になってたり…

アジア杯 その1

みなさんが台風の中にいる私を心配している?!頃、
私は友達を無視してアジア杯、ちゃんと見てましたよ。(いいのか~それで~)
小浜島ではNHK、教育、NHKBS、フジ、TBSしかなかったけど
(テレ朝なかったんだよね~)BSでサッカーやってたんで見ちゃいました。

はじめこそ内容的にどうよ!?だったけど、とりあえず先に進めるんだね
ってことで中継終了後のチャンネル権はもちろん友達に返却いたしましたよ。


そして土曜日。因縁の?オーストラリア戦。
今年からオーストラリアもアジアの仲間入りですか~。と思いつつ
横で「7番の子もうまいんでしょ?」とか
「解説の人が今日の相手は強いって言ってたよ」とか
親がいろいろうるさいんだけど、茶碗片手に戦況を見てました。

点を取られたシーンはなんとなくヤバイなと思ったらドンピシャで
追いつく力があるんかなぁ~と思っていたらタカのビューティフルな回転に
「山兄も負けてないよっ!」と心で少し思いつつ、拍手喝采。
でもそれよりも実は心打たれちゃったのは、試合後半の佑二。
それまでセットプレー以外で前線に行くことはほとんどなかったんだけど
ボールカットしてからドリブルで前線まで行ったり、すごい勢いで戻ってみたり。
ともかくハートを、熱い熱いハートを感じました!!

でも最後まで点を取れずにPKへ。こうなると視線は一気に能活へ。
我が家でも隣でうるさい親が「川口くんなら止められるんでしょう~」
とか、まぁ適当なコメントを。
でも私の一番の心配は、 誰が、どの順番で蹴るか につきます。
思いっきり身びいきなので、うちん子の佑二には正直蹴ってほしくなかったです。
俊ちゃんもやっとくんも心配なんてしません。
駒野は普段をしらないからちょっと心配だったけど。
タカははずす気がしました。こういうときにエースは外すものです(苦笑)
で、最後は 寿人でしょぉ~~!!! と思ってましたよ。
疑わなかったですよ。がっ!意気揚々とボールを持って歩くのはボンバー頭……。
言っておきますが、私は能活が守る時は絶対に見ます。
目を背けることはありません。彼に対してはなんら心配もしたことはありません。
PKは一番の見せ場で、それに耐えうる練習を日々しているのを知っているので。
佑二に関しても、その努力家っぷりはすご~くかっているものの
PKでいい思い出って…あんまりない気がするのよ。
「うがぁ~~ゆ~じ~~やめぇ~~~っ!!」ってなこと言ってたら
隣で親が「いいじゃない、この子もうまいんでしょ?!」…えっ巧くはないっす。
とかなんとか言ってる間に助走のままに、野性味あふれるままに?!
ずどぉ~んと入ってくれた時には心底ほっとしました。
そして何よりも、みんなの所へ行きかけて、きびすを返すように能活のところへ行ってくれた時には
これで、少しだけドイツでの思いが吹っ切れたなと思いました。
この大会に臨む佑二の気持ちの強さを見せつけられた気がします。
やっぱりうちのキャプテンだもんな!!マリノス代表だもんな!!

15年J1順位表


15年スケジュール

【1stステージ】
3/7(土)H川崎
3/14(土)A東京
3/18(水)A仙台(YNC)
3/22(日)HN鳥栖
3/28(土)HN清水(YNC)
4/4(土)A柏
4/12(日)H仙台
4/18(土)A浦和
4/22(火)A名古屋(YNC)
4/25(土)H湘南
4/29(水祝)H広島
5/2(土)A山形
5/6(水祝)H名古屋
5/10(土)H新潟
5/16(土)A清水
5/20(水)HN神戸(YNC)
5/23(土)A松本
5/27(水)HN川崎(YNC)
6/3(水)A山形(YNC)
6/7(日)A甲府
6/20(土)H鹿島

【2ndステージ】
7/11(土)AC大阪
7/15(水)HN柏
7/19(日)AG大阪
7/25(土)A広島
8/12(土)A名古屋
8/16(日)H甲府
8/22(土)A鳥栖
8/29(土)H浦和
(※8/30)
9/2(水)YNC準々決
9/6(日)YNC準々決
9/12(土)A新潟
9/19(土)H東京
9/26(土)A湘南
10/3(土)A仙台
10/7(水)YNC準決
10/11(日)YNC準決
10/17(土)H神戸
10/24(土)A川崎
10/31(土)YNC決勝
11/7(土)A鹿島
(※10/28or11/1)
11/22(土)H松本
11/29(土)H新潟
12/6(土)A東京

H ホーム
HN ホームニッパツ
A アウェー
※日程変更アリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
15年選手

0 マリノス君
1 榎本哲也
2 天野貴史
3 松田直樹
4 栗原勇蔵
5 ファビオ
6 三門雄大
7 兵藤慎剛
8 中町公祐
9 矢島卓郎
10 中村俊輔
11 齋藤 学
13 小林祐三
14 熊谷アンドリュー
15 比嘉祐介
16 伊藤翔
17 端戸仁
18 ラフィーニャ
19 仲川輝人
20 佐藤優平
21 飯倉大樹
22 中澤佑二
23 下平匠
24 奈良輪雄太
25 藤本淳吾
26 中島賢星
27 富澤清太郎
28 喜田拓也
29 天野純
30 田口潤人
31 鈴木椋大
33 北谷史孝
39 アデミウソン
40 和田昌士(Y)

監督 モンバエルツ

(修行中)
松本翔(山口)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
お気に入りリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
最近のコメント
最近の記事
カテゴリー
管理
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。